TWELITE 2525Aを使ってみる

TWELITE 2525Aには出荷時に省電力動作に最適化された無線タグアプリ(App_Tag)が書き込まれています。必要に応じて最新版にアップデートすることもできます。

組み立て

図のようにアンテナを取り付けてください。必要に応じて両面テープで固定してください。

 注 : アンテナを接着するための両面テープは非常に強力なものを用いております。 無理に剥がすとモジュールを破損する恐れがありますのでご注意ください。

電池の入れ方

使用する電池はコイン型リチウム電池CR2032です。コインホルダー上に刻印された+のマークと電池の+マークが両方見える状態(プラス刻印がされたホルダーが電池のプラスに接触する状態)で差し込んでください。

 注 : 電池の向きに注意してください。逆に入れた場合、発熱し故障の原因になります。

電池挿入後にTWELITE 2525Aを軽く振った時に電池ホルダーとは反対面上(TWELITE側)の緑色LEDが点滅すれば正常です。このLEDは通常は電波が送信された時に光ります。

初期状態ではシングルタップ、ダブルタップ、フリーフォール、アクティブ・インアクティブを検出した時に発信します。設定はインタラクティブモードで変更できます。

 注 : TWELITEの起動には2.3V以上の電圧が必要です。(起動した後は2.0V以上で動作します。)使用済みの電池を使用した場合、電圧が低い為に起動しない場合がありますのでご注意ください。

使用方法

受信用に親機を用意してください。TWELITE 2525Aは超簡単!TWELITE標準アプリの親機と通信するモードと無線タグアプリ(App_Tag)の親機と通信するモードの2通りで使用できます。初期状態では超簡単!TWELITE標準アプリの親機と通信します。

親機が超簡単!TWELITE標準アプリの場合

超簡単!TWELITE標準アプリが書き込まれているTWELITE DIP-トワイライトディップ等を使用した親機と通信ができます。

初期状態では無線タグアプリ(App_Tag)が超簡単!TWELITE標準アプリの親機と通信する設定になっています。初期状態でない場合はインタラクティブモードでオプションビットの00000010ビットを足してください。(例:00000001の場合、00000011にする。)

TWELITE 2525Aが超簡単!TWELITE標準アプリの子機として振る舞いに応じて親機の出力を変化させることができます。

詳細

親機が無線タグアプリ(App_Tag)の場合

MONOSTICK-モノスティックに無線タグアプリ(App_Tag)を書き込んだパソコンやタブレットを親機として通信することができます。

パソコンやタブレットにMONOSTICK-モノスティック等の親機を接続してデーターを収集する場合は無線タグアプリ(App_Tag)が適しています。また、複数のTWELITE 2525Aを子機としてデータを収集する場合に適しています。

初期状態では超簡単!TWELITE標準アプリの親機と通信する設定になっています。インタラクティブモードでオプションビットの00000010ビットを外してください。(例:00000011の場合、00000001にする。)

詳細

OTA設定

関連製品

USBスティック MONOSTICK-モノスティック (パソコンやタブレットを親機として使用するために)

USBアダプター TWELITE R-トワイライター (設定の変更やアプリを書き換えるために)

両偏波パッチアンテナ MW-A-BP01 (より安定した通信をするために)