通信距離について

TWELITE-トワイライトの特徴の一つは高い通信性能です。

しかし、実際の通信距離を示すことは非常に困難です。なぜなら、無線の通信距離は様々な条件に左右されるからです。例えば、アンテナの高さ、障害物、壁や天井での電波の反射や吸収、周囲の電波のノイズなどの組み合わせで著しく変化します。

そこで、見通し直線距離でノイズが少ない環境での測定結果は、通信モジュールの性能指標としてよく用いられます。この測定により、リンクバジェット(通信接続のための予算)の実力値を求めることができます。

TWELITE-トワイライトは低消費電力を保ちつつ理想条件下でアンテナ(利得2dBi、無指向性)使用時に1km(標準出力 BLUE-ブルー)、3km(高出力 RED-レッド)の限界通信距離を実現しております。このようにTWELITEは電波法を遵守したうえで非常に大きなリンクバジェットを確保しています。

TWELITEは実際にさまざまな場所や用途でご使用いただいておりますのでご参照ください。

通信距離の簡易測定

以下の回路で簡易的に距離測定が出来ます。通信範囲内で親機のスイッチを押すと、親機のLEDが点灯します。親機のスイッチを離すと、親機のLEDが消灯します。

親機のデジタル入力を子機に送信し、子機はデジタル出力をそのままデジタル入力として親機に送信します。往復の通信が正しく行われた時に動作します。

TWELITE DIP

中継器で距離を延長

距離が離れていたり、障害物があって動作が不安定な場合は親機と子機の間に中継器を置いて動作を確認して下さい。中継機により通信距離を延長することができます。以下の配線で中継機として動作します。

TWELITE DIP-トワイライトディップ

モノをUSBにつなぐ MONOSTICK-モノスティックを中継器として使用することもできます。

MONOSTICK - モノスティック
TWELITE USBスティック
親機、中継機に。
モノスティックMONOSTICK
MONOSTICK-モノスティックはUSB機器に接続できるTWELITEです。パソコンやタブレット等にUSB接続できます。親機や中継機として機能します。

指向性アンテナ(高利得)で距離を延長

指向性アンテナ(高利得)を使用することで距離を延長することができます。

指向性(高利得)アンテナ
電波が一定方向に強く伝播し、特定方向の通信距離を延長することができます。

限界通信距離(屋外)

TWELITE BLUE DIPマッチ棒アンテナタイプ同士の通信距離1kmの実測例です。これは無指向性アンテナ(2dbi)を使用した場合のおおよその限界通信距離です。以下の条件が全て揃っている場合のみ可能となります。

例えば、繁華街で手に持った端末同士の通信の場合は環境によって異なりますが、100m~200mが典型的な通信距離です。

TWELITE DIP(トワイライト)
本距離測定はリンクバジェットの確認用であり、測定環境が理想に近い条件下における結果です。実際の通信距離は環境により著しく変化します。間に障害物がある場合やノイズの多い街中、室内では通信距離が短くなります。表記の通信距離は指標であり保証値ではありません。