超簡単!TWELITE標準アプリで使ってみる

まずは使ってみる

初期状態では 超簡単!TWELITE標準アプリが書き込まれた親機と通信します。TWELITE 2525Aが子機として、加速度センサーで検知した状態を親機に送信し親機上の DO1-4 (デジタル出力1〜4)をオン・オフ制御します。

超簡単!TWELITE標準アプリについての詳細は超簡単!TWELITE標準アプリをご参照ください。

親機の接続例 (TWELITE 2525Aの動作によってLEDをオンオフする)

親機としてTWELITE DIPを使用し、下記のように配線します。 また、親機のファームウェアは標準でインストールしてある超簡単!TWELITE標準アプリを用います。 親機も特別な設定を行わない初期状態で使用してください。

動作

親機の電源を入れた後にTWELITE 2525AにCR2032電池を挿入してください。

同時に複数のTWELITE 2525Aの電源を投入すると全てのTWELITE 2525Aに反応します。複数のペアを作る場合はインタラクティブモード(設定モード)で設定してください。

TWELITE 2525Aの状態を変化させると、親機のLEDが点滅します。

各DO(デジタル出力)に接続したLEDは下記の条件で点灯/消灯します。

信号名 点灯条件 消灯条件
DO1 TWELITE 2525Aを軽く1回たたくと点灯します。 LED点灯から0.5秒後に消灯します。
DO2 TWELITE 2525Aを軽く2回たたくと点灯します。
DO3 TWELITE 2525Aが自由落下中に点灯します。
※ 床に落とすと壊れるかもしれません。
DO4 TWELITE 2525Aを動かすと点灯します。 DO1~DO3が点灯する、または動かし終わってから2秒後に消灯します。

動作モードを変更する場合はインタラクティブモード中に"p"(子文字)を入力し、値を入力します。初期値は15(Tap、Double Tap、Free Fall、Active/Inactiveを選択)に設定されています。詳細は設定の詳細説明をご参照ください。

中継器

通信には中継機を使うこともできます。

シェイクモードを使ってみる

TWELITE 2525Aを振ったり、裏返したりして、リモコンとして使えます。