MONOSTICK
モノスティック
MONOSTICK
TWELITE USBスティック
モノをUSBにつなぐ。

モノをUSBにつなぐMONOSTICK-モノスティック

MONOSTICK-モノスティック
標準出力 BLUE-ブルー

品名:MONOSTICK
型番:MONOSTICK-B
JAN:4589512170396
備考:標準出力タイプ(1mW級)

NEW
MONOSTICK-モノスティック
高出力 RED-レッド

品名:MONOSTICK
型番:MONOSTICK-R
JAN:4589512170402
備考:高出力タイプ(10mW級)

USBスティック MONOSTICK - モノスティックはTWELITE-トワイライトにUSBインターフェースを付加したものです。パソコンやボードPC等とUSB接続できます。パソコンやボードPC等を親機とする場合に便利です。

TWELITE-トワイライトとパソコンやボードPC等がUSB接続でシリアル通信できます。

パソコンやボードPC上のアプリでTWELITE-トワイライトを操作したり、センサデータ情報を無線で収集したりできます。

また、モノをUSBにつなぐ MONOSTICK-モノスティックはコンパクトな中継機としても使用できます。

標準出力タイプ(1mW級)のBLUE-ブルーとさらに良く飛ぶ高出力タイプ(10mW級)のRED-レッドから選択できます。RED-レッドは受信性能も向上しています。

 
アプリを書き換える場合はブルーとレッドそれぞれ専用のファイルを選んでください。バイナリは共通ではありません。

生産終了品

MONOSTICK-モノスティック クリア

品名:MONOSTICK
型番:MONOSTICK-C
JAN:4589512170013
後継品:MONOSTICK-B

MONOSTICK-モノスティック グレー

品名:MONOSTICK
型番:MONOSTICK-G
JAN:4589512170020
後継品:MONOSTICK-B

モノスティック ブルー、モノスティック クリア、モノスティック グレーはケースが異なるのみで仕様は同一です。

実現すること

MONOSTICK-モノスティック
モノを操作する。

離れたモノを操作する遠隔制御ができます。

MONOSTICK-モノスティック
モノの状態を知る。

離れたモノの状態を知る遠隔監視ができます。

MONOSTICK-モノスティック
モノ同士で対話する。

離れたモノ同士で任意データ送受信ができます。

中継機
中継機にする。

USB電源に接続するだけで中継機として使用できます。

複数端末との通信

MONOSTICK-モノスティック
1個の受信機と通信できる子機の数は通信頻度により決まります。子機の最大数は電波環境にも左右されます。1パケットを送る際に安定した通信を得るための目安として1通信あたり約0.1秒要すると見積もってください。よって、1秒毎の間欠通信の場合は子機の数は10個程度、10秒毎で100個、100秒毎で1000個程度が目安です。実際の数は実環境でご確認ください。1個の子機が連続でデータを送信する場合は通信チャンネルを占有するため、他の子機は通信できませんので基本的には1対1通信になります。この場合は別のチャンネルを使用してください。16のチャンネルを同時に使用できます。

特徴

USBでパソコン、ボードPC等に簡単接続できます。

電源はUSBから供給されます。

基板上に小型で高性能なプリントアンテナを構成しています。

超簡単!標準アプリがインストールされており、すぐに使用開始できます。

標準出力タイプ(1mW級)のブルーと高出力タイプ(10mW級)のレッドが選択できます。

設定を変更することにより、中継機として使用できます。

対応アプリを用途に応じて書き換えることができます。

アプリの書換えは「TWELITE専用プログラマ」でとても簡単に行えます。

USBデバイスドライバ(FTDI)がWindows、Linux、macOS、Android等の主要OSに対応しています。

接続されたデバイスからMONOSTICK-モノスティックはシリアルポートに見えますので、データのやりとりが標準的な方法で行えるため、パソコン、タブレット、ボードPC側のアプリの開発が容易です。シリアルポート経由でコマンド文字列、ステータス文字列の送受信により動作させます。

ウォッチドッグタイマー(WDT)回路を搭載しています。(DIO制御により有効化)

海外の電波認証に対応しています。対応国一覧

鉛フリー、RoHS対応です。

外形図 MONOSTICK-B/R

MONOSTICK-モノスティック

各部の説明

MONOSTICK-モノスティック

LED

モノをUSBにつなぐ MONOSTICK-モノスティックをUSBポートに接続し電源が入ると、緑のLEDが点灯します。

相手側の端末からの制御でデジタル出力1(DO1)とPWM出力3(PWM3)に接続されたLEDを点灯・消灯させることが出来ます。

これは超簡単!標準アプリでの割り当てです。実際のハードウエア接続は赤LED(DIO16)、黄色LED(PWM3)ですのでご注意ください。

※ MONOSTICK-モノスティック グレーのLEDは見えません。

WDT(ウォッチドッグタイマー)

モノをUSBにつなぐ MONOSTICK-モノスティックはウォッチドッグタイマー(WDT)を搭載しています。ウォッチドッグタイマー(WDT)は内蔵マイコンの動作を監視し、不具合を検出した場合にリセットをかけて復旧を試みます。これにより長期にわたる安定稼働を助けます。今まで以上に堅牢なシステムの構築に役立ちます。

基板アンテナ

電波の方向

アンテナ方向マーク アンテナ方向マーク の矢印は垂直方向(天地方向)を示しています。

基板上にプリントアンテナを構成しています。

以下のように垂直に立てた時にアンテナの感度が最大になります。

見通しで、高い場所にアンテナを設置すると通信環境が良くなります。必要に応じてUSB延長ケーブルで最適な場所にアンテナを設置して下さい。

無線モジュール
iot無線モジュール

接続例

モノをUSBにつなぐ MONOSTICK-モノスティックのUSBコネクタはAタイプ オスです。機器に接続の際は必要に応じて変換コネクタ、ケーブルをご使用下さい。

monosick-pc
monostick-pi
無線モジュール
スマートフォン
USBホストに対応している必要があります。
無線モジュール
タブレット
L型のUSBコネクタを使用するとコンパクトになり便利です。
無線モジュール
ボードマイコン
FTDI USBドライバにより、シリアルポートとして容易に制御できます。

OTA設定(Over the Air)で使用する

モノをUSBにつなぐ MONOSTICK-モノスティックを使用すると、加速度センサー無線タグ TWELITE 2525Aで使用されている無線タグアプリ(App_Tag)の詳細設定(インタラクティブモード)を無線を使ってケーブル不要で設定を行う機能です。

MONOSTICK-モノスティックOTA

まずは使ってみましょう!

デバイスドライバのインストール

モノをUSBにつなぐ MONOSTICK-モノスティックは、PC上で動作する各種OS(Windows, Linux, macOS)に対応したFTDI社FT-232R が搭載されています。多くの場合ドライバは自動でインストールされますが、COM ポートが認識されない場合はFTDI社FT-232Rドライバを導入してください

デバイスドライバは以下より入手してください。
http://www.ftdichip.com(FTDI社のウエブサイト)

VCP driversをダウンロード

パソコンによってはドライバが正常にインストールできない場合や期待通りに動作しない場合があるようです。MONOSTICK-モノスティックが使用しているFTDI社FT-232RがUSBとして正常に認識しない場合は弊社では解決できないため、お手数ですがパソコンやドライバのメーカー等へお問い合わせください。

アプリケーション例

ラズベリーパイとの使用

資料

販売店

モノワイヤレスの製品は実店舗またはネット通販でご購入いただけます。