TWELITE 2525Aのアプリ更新方法

出荷時にTWELITE 2525Aに最適化された無線タグアプリ(App_Tag)が書き込まれています。必要に応じて最新版にアップデートすることもできます。

書き込みには、TWELITE Rおよび結線が必要になります。

アプリのダウンロード

アプリの書き換え方法

TWELITE 2525Aをパソコンと接続する

TWELITE 2525Aと TWELITE R を下記のように結線します。電池は必ず外してから結線してください。

TWELITE R TWELITE 2525A
GND <-------> SET(OTA停止モード設定時のみ必要)
Vcc <-------> Vcc
RST <-------> RST
Rx <-------> Rx
PG <-------> PRG
Tx <-------> Tx
GND <-------> GND

以下に配線例を示します。配線するには テストリードジャンパーコード があると結線しやすくなります。

アプリの書き込み

無線タグアプリ(App_Tag)のTWELITE 2525A用を書き込んでください。間違ったアプリを書き込まないように注意してください。

アプリの書き換え方法は以下のビデオを参考にTWELITE専用プログラマで行います。

アプリの書き込み動画(再生時間:2分51秒)

アプリのバージョンの確認

書き込まれているアプリのバージョンを確認する際はターミナルソフト(TeraTermなど) を立ち上げてシリアルポートを指定し、 シリアル通信の設定を「115200bps/8bit/パリティ無し/ストップビット1/フロー制御なし」にします。

設定後、TWELITE R の RST ボタンを押すと下記のように出力され、インタラクティブモード画面が表示されます。

先頭行の

--- CONFIG/App_Tag V1-04-1/SID=0x81013c6a/LID=0x00/RC=9186 ---
 a: set Application ID (0x67726305)
 i: set Device ID (--)
 c: set Channels (15)
 x: set Tx Power (3)
 d: set Sleep Dur (5000)
 w: set Sensor Wait Dur (0)
 m: set Sensor Mode (0x35)
 p: set Sensor Parameter (0)
 P: set Sensor Parameter2 ( )
 k: set Enc Key (0xA5A5A5A5)
 o: set Option Bits (0x00000001)
---
 S: save Configuration
 R: reset to Defaults