OTA設定(Over the Air)

OTA設定

無線で子機の詳細設定が可能に!

OTA設定

OTAとはOver The Airの略です。
従来は専用ケーブルを接続してインタラクティブモードに入って各種設定を行う必要がありましたが、OTA設定は無線を使ってケーブル不要で設定を行う機能です。

現在は無線タグアプリ(App_Tag)のみに対応しています。初期値はTWELITE 2525A用になっております。

OTA設定でアプリの書き換えはできません。

この機能はApp_Tag V1.6.1以降でMONOSTICKに対応しています。

準備

親機としてMONOSTICK-モノスティックを用意してください。

OTA設定には専用のアプリが必要です。(OTA設定のみの機能ですのでOTAを行った後は親機用のアプリを書き込んでください。) 頻繁にOTAを行う場合は専用のMONOSTICK-モノスティックを用意すると便利です。

MONOSTICK-モノスティックにOTA設定アプリ(App_xxx-Parent-BLUE-OTA.bin ) をインストールしてください

※ 子機のバージョンと同じバージョンのOTA設定アプリを利用ください。

書き込み方法

アプリ書き込み説明動画 (再生時間:3分44秒)

使用方法

OTA設定紹介動画 (再生時間:2分05秒)

  1. パソコンのUSBポートにMONOSTICK-モノスティックを挿してください。
  2. ターミナルソフトを起動してください。
  3. "enter"キーを押してください。
  4. インタラクティブモードと同様な操作で各種パラメーターを設定してください。
  5. 設定を変更する子機をMONOSTICK-モノスティックに近接させて電池を入れてください。(距離が遠い場合は”! LQI”と表示されエラーとなります。)
  6. MONOSTICK-モノスティックの赤色と黄色LEDが点灯もしくターミナルソフトより"SUCCESS TWELITEのSID"が最終行に出力されれば設定は完了です。

OTAがうまくいかない場合

OTAがうまくいかない場合は以下をご確認ください。