無線タグアプリで使ってみる

TWELITE 2525A

まずは使ってみる

無線タグアプリ(App_Tag)を使用する場合はMONOSTICK-モノスティック等をパソコンやタブレットに接続して親機としてください。TWELITE 2525AからのデーターをUSB経由でシリアルデータとして受けることができます。

TWELITE 2525Aの設定を変更する

初期状態では超簡単!TWELITE標準アプリが書き込まれた親機と通信します。無線タグアプリ(App_Tag)と通信させるためにはインタラクティブモードでオプションビットの00000010ビットを外してください。(例:00000011の場合、00000001にする。)設定はインタラクティブモードでo(小文字)で行います。

動作モードを設定することで様々なモードを選択できます。設定はインタラクティブモードでp(小文字)で行います。

無線経由の設定書き換え (OTA設定)

詳細は設定の詳細説明をご参照ください。

設定例:3軸加速度の値を0.5秒毎に送信する

TWELITE 2525AからX軸、Y軸、Z軸の値を送信します。値は100で割ると1g(重力加速度)になります。

設定値を以下のように変更してください。

動作モードをNormalに設定します。

p: set Sensor Parameter (0)

無線タグアプリ(App_Tag)の親機を選択します。

o: set Option Bits (0x00000001) 

初期設定では送信間隔は0.5秒毎ですがdの値で変更できます。単位はミリ秒です。

設定例:物が動いたことを検出する

TWELITE 2525Aが動いた時に送信します。

設定値を以下のように変更してください。

動作モードをActive/Inactiveに選択します。

p: set Sensor Parameter (8)

無線タグアプリ(App_Tag)の親機を選択します。

o: set Option Bits (0x00000001)

感度等をP(大文字)のパラメーター値で変更できます。

設定例:物が動いたこと、落下したことを検出する

TWELITE 2525Aが動いた時と落下した時に送信します。

設定値を以下のように変更してください。

動作モードは複数設定できます。設定したい動作モード番号の合計で設定します。Active/Inactive(8)とFree Fall(4)を選択するために8と4を足して12を設定します。

p: set Sensor Parameter (12) 

無線タグアプリ(App_Tag)の親機を選択します。

o: set Option Bits (0x00000001) 

感度等をP(大文字)のパラメーター値で変更できます。

親機の設定

TWELITE 2525Aからの信号を受信するために親機が必要です。親機に親機用の無線タグアプリを書き込んでください。

パソコンとUSB接続して使用する場合は親機としてMONOSTICK(モノスティック)を使用することをお勧めします。

TWELITE DIPを親機として用いる場合はTWELITE Rを使用してアプリを書き込むのが便利です。

親機用のアプリは、ダウンロードしたファイルの中の適切なファイル(MONOSTICKまたはTWELITE用)を選択してください。

書き込み方法は下記の動画を参考にして下さい。

説明動画 (再生時間:3分44秒)

親機をパソコンに接続する

親機として使用するTWELITEとパソコンの接続を行ったあと、パソコン側でターミナルソフトウェアを起動します。 他のターミナルソフトを用いてもかまいませんが、Windows 環境では TeraTerm の利用を推奨します。

ターミナルソフトを立ち上げたら、親機の TWELITE の電源を投入します。

以下のようにファームウェアのバージョンやモジュールのアドレスなどが表示されます。そして、1秒毎に数字がカウントアップされて表示されます。この状態になれば親機は正常に動作しています。

*** App_Tag (Parent) 1.04-1 ***
* App ID:67726305 Long Addr:8100280a Short Addr 080a LID 00
::ts=1
::ts=2
::ts=3

ここで何も出なかったり、文字化けするような場合は、配線やターミナルソフトの設定を見直してください。

TWELITE 2525A に電源を投入する

親機の出力をターミナルソフトで見ている状態で、TWELITE 2525A に電源を投入すると下記のような表示がされます。 0.5秒毎に加速度センサーの3軸の値が表示されます。この状態になれば正常に通信できています。

::rc=80000000:lq=120:ct=0001:ed=81013D33:id=0:ba=2870:a1=1070:a2=0549:x=0022:y=-009:z=-094
::rc=80000000:lq=150:ct=0002:ed=81013D33:id=0:ba=2880:a1=1235:a2=0622:x=0002:y=-008:z=-099
::rc=80000000:lq=150:ct=0003:ed=81013D33:id=0:ba=2880:a1=1235:a2=0622:x=0002:y=-008:z=-099

ターミナルソフトに上記のような出力がされない場合は、子機の組み立てがうまくできていない可能性があるので、 今一度ご確認ください。

出力データー形式

親機の出力は初期状態では標準出力形式ですが、以下のフォーマットを選択できます。設定はインタラクティブモードのオプションビットで行います。

グラフ描画スクリプト

グラフ描画スクリプト

グラフ表示用Androidアプリ

Raspberry Pi 向けスクリプト

以下に無線パケットを受信するたび Twitter にメッセージを投稿するスクリプトを解説します。

ダウンロード

ダウンロード後、以下のコマンドでダウンロードファイルを解凍します。

$ unzip script.zip

Twitterに投稿

本スクリプトを用いる場合、開発者登録がされているTwitterアカウントが必要です。 また、開発者登録した際に入手した4つの Key を twitter.py に記述する必要があります。 詳細は twitter.py 内のコメントを参照してください。

親機のシリアルポート名が、"/dev/ttyUSB0" であるとき、下記のコマンドで実行します。

$ python twitter.py /dev/ttyUSB0

パケットが送信されるたび下図のようなメッセージがツイートされます。

Twitter に投稿されるメッセージは変更可能です。