相手端末の出力を変更:コマンド 0x80

相手端末の出力をUARTコマンドでコントロールする機能です。

デジタル入力やPWM入力の代わりにUART入力で相手側のデジタル出力やPWM出力が変化します。TWELITE DIPの外部に接続したマイコン等で相手端末の出力を制御することができます。

本機能を使用する際は親機側の入力を未接続またはVCC(電源の+側)に接続して下さい。入力をGND(電源のマイナス側)に接続している場合はその値が優先されます。

データフォーマット

1: 1バイト : 宛先アドレス(論理デバイスID) (0x00: 親機, 0x01 ~ 0x64: 子機ID指定, 0x78: 全子機)
親機から子機、または子機から親機への伝送に限ります。
2: 1バイト : コマンド番号 (0x80 固定)
3: 1バイト : 書式バージョン (0x01 固定, 将来のための拡張)
4: 1バイト : IO状態 
b7..b3b2b1b0とした場合 b0/b1/b2/b3 が DO1/DO2/DO3/DO4)の設定値となり、0がHi、1がLoとなります。設定を有効化するために、続く IO状
態マスクのビットがを1に設定します。
5: 1バイト : IO状態設定マスク
b7..b3b2b1b0とした場合 b0/b1/b2/b3 が DO1/DO2/DO3/DO4)の設定値となり、0で対応するDOを設定しない、1で設定します。
6: 2バイト : PWM1の設定値
0(0%)~1024(100%)または0xFFFF(設定しない)を与えます。
7: 2バイト : PWM2の設定値
8: 2バイト : PWM3の設定値
9: 2バイト : PWM4の設定値
10:1バイト : チェックサム

:7880010F0F0380030002800200DF
論理デバイスIDが0x78の子機の全てのデジタル出力(DO)をLOに設定し、PWMのDUTY比を0x380、0x300、0x280、0x200に設定します。

操作例は遠隔制御(リモートコントロール)をご参照下さい。