相手端末の出力を変更:コマンド 0x90

コマンド(送信データ)

親機が子機に送信するコマンドの入力形式です。

TWELITE PAL に対して送信するコマンドです。

:0190010004000169[CR][LF]
 ^1^2^3^^^^^^^4^5
番号 バイト数 意味 データ例 備考
1 1 送信先の論理デバイスID 01 送信先のTWELITE PALの論理デバイスIDを指定します。
0x01から0x64まで指定可能です。
2 1 コマンド種別 90
3 1 コマンドパラメータ数 01 コマンドパラメータの数を指定します。例えば、コマンドパラメータを1つだけ指定するなら1に、2つ指定するには2にします。
4 コマンド数x4 コマンドパラメータ 00040001 イベントやLEDの色などを指定するためのパラメータを指定します。
詳細はコマンドパラメータを参照してください。
5 1 チェックサム 69 1~4の各バイトの和を8ビット幅で計算し2の補数をとります。つまりデータ部の各バイトの総和+チェックサムバイトを8ビット幅で計算すると0になります。
チェックサムバイトをアスキー文字列2文字で表現します。
例えば 00A01301FF123456 では 0x00 + 0xA0 + ... + 0x56 = 0x4F となり、この二の補数は0xB1 です。(つまり 0x4F + 0xB1 = 0)
チェックサムをXにすることでチェックサムを省略可能です。
6 2 フッター [CR][LF] [CR] (0x0D) [LF] (0x0A) を指定します。ただし、チェックサムをXで省略する場合はフッターも省略可能です。
コマンドパラメータ

4バイトのコマンドパラメータを組み合わせてコマンドを指定します。

  • 0x00 : イベントIDを送信する
  • TWELITE PALは受信したイベントIDごとの振る舞いが設定されております。
    本パラメータでは送信先のTWELITE PALにイベントIDを送信し、設定した動作を行います。

    イベント毎の振る舞いを変更するにはTWELITE PALの設定を変更してください。
    番号 バイト数 内容 備考
    1 1 コマンドパラメータID 0x00
    2 1 送信先PAL ID 送信先のPAL IDを指定します。
    0x04:通知パル
    0xFF:すべてのTWELITE PAL
    3 1 未使用領域 0x00固定
    4 1 イベントID 0~16までのイベントIDを指定します。
  • 0x01 : LEDの色、点滅パターン、明るさを送信する
  • 送信先の通知パルにLEDの色、点滅パターン、明るさを送信します。

    番号 バイト数 内容 備考
    1 1 コマンドパラメータID 0x01
    2 1
    0:赤
    1:緑
    2:青
    3:黄色
    4:紫
    5:水色
    6:白
    7:暖かい白
    3 1 点滅パターン 0:常時点灯
    1~3:点滅パターン(数値が大きくなるほど点滅が早くなる。)
    4 1 明るさ 0:消灯
    0x01~0x0F:明るさ(数値が大きいほど明るくなる。)
  • 0x02 : 点灯時間を送信する
  • 通知パルのLEDの点灯時間を送信します。

    本コマンドパラメータは、LEDの色、点滅パターン、明るさのパラメータが含まれないので、コマンドパラメータ0x01と組み合わせて使用します。
    本コマンドパラメータを使用する場合は、送信間隔を必ず点灯時間より大きく設定してご使用ください。
    番号 バイト数 内容 備考
    1 1 コマンドパラメータID 0x02
    2 1 未使用領域
    0xFF固定
    3 1 未使用領域 0x00固定
    4 1 点灯時間 秒で指定(0は常時点灯)
コマンド例
  • 例1:イベントを送信する

    論理デバイスIDが1のNOTICE PALに対してイベント1を送信するコマンド例です。

    :0190010004000169
     ^1^2^3^4^5^6^7^8
    番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
    1 1 送信先の論理デバイスID 01 送信先の論理デバイスIDは0x01
    2 1 コマンド種別 90 0x90コマンド 90固定
    3 1 コマンド数 01 コマンドは1個
    4 1 コマンドID 00 コマンド00
    5 1 送信先PAL ID 04 通知パルに対して送信する
    6 1 未使用領域 00
    7 1 イベントID 01 イベント1 0x00~0x10まで
    8 1 チェックサム 69
  • 例2:通知パルのLEDの点灯色を送信する

    論理デバイスIDが1のNOTICE PALに対して明るさ8で白色にゆっくり点滅させるためのコマンドです。

    :019001010601085E
     ^1^2^3^4^5^6^7^8
    番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
    1 1 送信先の論理デバイスID 01 送信先の論理デバイスIDは0x01
    2 1 コマンド種別 90 0x90コマンド 90固定
    3 1 コマンド数 01 コマンドは1個
    4 1 コマンドパラメータID 01 コマンドパラメータID 0x01
    5 1 06
    6 1 点滅パターン 01 点滅
    7 1 明るさ 08 明るさ8 0x00~0x0Fまで
    8 1 チェックサム 5E
  • 例3:通知パルのLEDの点灯色と点灯時間を送信する。

    論理デバイスIDが1のNOTICE PALに対して紫に点灯させ、点灯後1秒で消灯させるコマンドです。

    本コマンドを試す場合、送信間隔を必ず点灯時間より大きく設定してご使用ください。
    :0190020104000802FF00015E
     ^1^2^3^4^5^6^7^8^9^a^b^c
    番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
    1 1 送信先の論理デバイスID 01 送信先の論理デバイスIDは0x01
    2 1 コマンド種別 90 0x90コマンド 90固定
    3 1 コマンド数 02 コマンドは2個
    4 1 コマンドパラメータID 01 コマンドパラメータID 0x01
    5 1 04
    6 1 点滅パターン 00 点灯
    7 1 明るさ 08 明るさ8 0x00~0x0Fまで
    8 1 コマンドパラメータID 02 コマンドパラメータID 0x02
    9 1 未使用領域 FF
    a 1 未使用領域 00
    b 1 点灯時間 01 点灯後1秒で消える
    a 1 チェックサム 5E