親機の使用方法

app_wingsアイコン

親機・中継機アプリ(App_Wings)は共通の親機として動作し、TWELTIE APPSのデータを全て受信することができます。

通信チャネルとアプリケーションIDを同一にすると、異なるアプリのデータを受信可能です。
通信させたい親機、中継機、子機の通信チャネルとアプリケーションIDを全て同一にしてください。

設定

インタラクティブモードに入りキーボードのmキーを入力することでMode (Parent or Router)を選択し、値を0に設定してください。

初期設定はMode=0(親機)です。

表示用ソフトウエア

TWELITE STAGE-トワイライトステージをインストールして、メニューから[ビューア]>[PALビューア]を選択してください。

TWELITE STAGE - トワイライトステージ
評価開発環境
アプリのビルド、書換、設定、表示に。
TWELITE STAGE
TWELITE STAGE-トワイライトステージはTWELITEを動作させるためのアプリのビルド、書換、設定、そして、アプリからのデータを表示する機能を統合した評価開発環境です。

ステータス(受信データ)

親機が子機から受信するデーターの形式です。データ形式はアプリ毎に異なります。

出力されるデータの順番が前後することがあります。スクリプトなどでデータを処理する場合は、続き番号を使用してデータの順番を確認することをお勧めします。
電波を使用して通信を行っているため、データパケットが届かないことがあります。その際はデータパケット毎の続き番号を使用してデータの抜けを確認してください。
超簡単!標準アプリ
相手端末からの状態通知:ステータス0x81
:78811501C98201015A000391000C2E00810301FFFFFFFFFB
 ^1^2^3^4^5^^^^^^^6^7^^^8^9^^^a^b^c^de1e2e3e4ef^g
番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
1 1 送信元の論理デバイスID 78 送信元の論理デバイスIDは0x78
2 1 コマンドID 81 IO状態の通知
3 1 パケット識別子 15 アプリケーションIDより生成される
4 1 プロトコルバージョン 01 01 で固定
5 1 LQI C9 201 0が最小で255が最大
6 4 送信元のシリアルID 8201015A 送信元のシリアルIDは201015A
7 1 宛先の論理デバイスID 00 親機宛
8 2 タイムスタンプ 0391 約14.3秒 1秒で64カウント
9 1 中継フラグ 00 中継してない ※1 参照
a 電源電圧[mV] 0C2E 3118mV
b 1 未使用 00
c 1 DI の状態ビット 81 DI1がON(Low) DI1(0x1) DI2(0x2) DI3(0x4) DI4(0x8)。1がOn(Lowレベル)。MBSが1だったら定期送信。
d 1 DI の変更状態ビット 03 DI1とDI2が変更対象 DI1(0x1) DI2(0x2) DI3(0x4) DI4(0x8)。1が変更対象。
e1 1 AI1の変換値 01 16mV ※2、※3 参照
e2 1 AI2の変換値 FF 未使用 ※2、※3 参照
e3 1 AI3の変換値 FF 未使用 ※2、※3 参照
e4 1 AI4の変換値 FF 未使用 ※2、※3 参照
ef 1 AI1~AI4の補正値 FF 未使用 LSBから順に2ビットずつ補正値、LSB側が AI1、MSB側が AI4※2、※3 参照
g 1 チェックサム FB
任意データの送受信:コマンド0x01
:780100112233AABBCCDD13
 ^1^2^^^^^^^^^^^^^^^3^4
番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
1 1 送信元の論理デバイスID 78 送信元の論理デバイスIDは0x78
2 1 コマンドID 01 任意データの送受信
3 N データ 00112233AABBCCDD
4 1 チェックサム 13
リモコンアプリ

相手端末からの状態通知:ステータス0x81

:78811202848201015A003FC9000001000100010086
 ^1^2^3^4^5^^^^^^^6^7^^^8^9^^^a^^^b^^^c^d^e
番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
1 1 送信元の論理デバイスID 78 送信元の論理デバイスIDは0x78
2 1 コマンドID 81 IO状態の通知
3 1 パケット識別子 12 アプリケーションIDより生成される
4 1 プロトコルバージョン 02 02 で固定
5 1 LQI 84 132 0が最小で255が最大
6 4 送信元のシリアルID 8201015A 送信元のシリアルIDは201015A
7 1 宛先の論理デバイスID 00 親機宛
8 2 タイムスタンプ 3FC9 約255.1秒 1秒で64カウント
9 1 中継フラグ 00 中継してない ※1 参照
a 2 DI の状態ビット 0001 DI1がON(Low) LSBからDI1、DI2… 1がOn(Lowレベル)。
b 2 DI の変更状態ビット 0001 DI1が変更対象 LSBからDI1、DI2… 1が変更対象。
c 2 DIの割込状態ビット 0001 DI1が割り込み入力された(変化した)。
d 1 未使用 00
e 1 チェックサム 86
シリアル通信アプリ
簡易書式
:780100112233AABBCCDD13
 ^1^2^^^^^^^^^^^^^^^3^4
番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
1 1 送信元の論理デバイスID 78 送信元の論理デバイスIDは0x78
2 1 応答ID 01 任意の0x00~0x7Fの値
3 N データ 00112233AABBCCDD
4 1 チェックサム 01
拡張書式
:78A0028201015AFFFFFFFFA8000700112233AABBCCC6
 ^1^2^3^^^^^^^4^^^^^^^5^6^^^7^^^^^^^^^^^^^3^4
番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
1 1 送信元の論理デバイスID 78 送信元の論理デバイスIDは0x78
2 1 コマンド種別 A0 拡張形式 0xA0固定
3 1 応答ID 02 任意の0x00~0x7Fの値
4 4 送信元のシリアルID 8201015A 送信元のシリアルIDは201015A
5 4 送信先のシリアルID FFFFFFFF FFFFFFFFのときは論理デバイスIDを指定して送信している。
6 1 LQI A8 168 0が最小で255が最大
7 2 データのバイト数 0007 7バイト
8 N データ 00112233AABBCC
9 1 チェックサム C6
無線タグアプリ
アナログセンサ―
:80000000B700628201015A0010DF08FD09A300000000E9
 ^^^^^^^1^2^^^3^^^^^^^4^5^6^7^^^8^^^9^^^^^^^a^b
番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
1 4 中継機のシリアルID 80000000 中継無し 中継していない場合は80000000
2 1 LQI B7 168 0が最小で255が最大
3 2 続き番号 0062 98
4 4 送信元のシリアルID 8201015A 送信元のシリアルIDは8201015A
5 1 送信元の論理デバイスID 00 送信元の論理デバイスIDは00
6 1 センサー種別 10 アナログセンサー
7 1 電源電圧 [mV] DF 3330mV 電源電圧の計算方法を参照
8 2 ADC1の電圧 08FD 2301mV
9 2 ADC2の電圧 09A3 2467mV
a 4 未使用 00000000
b 1 チェックサム E9
加速度センサー (ADXL34x / TWELITE 2525A)
:8000000063001781013C850035DF057702F2000000FF96FFF0BB
 ^^^^^^^1^2^^^3^^^^^^^4^5^6^7^^^8^^^9^a^^^b^^^c^^^d^e
番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
1 4 中継機のシリアルID 80000000 中継無し 中継していない場合は80000000
2 1 LQI 63 99 0が最小で255が最大
3 2 続き番号 0017 23
4 4 送信元のシリアルID 81013C85 送信元のシリアルIDは1013C85
5 1 送信元の論理デバイスID 00 送信元の論理デバイスIDは00
6 1 センサー種別 35 加速度センサー(ADXL34x)
7 1 電源電圧 [mV] DF 3330mV 電源電圧の計算方法を参照
8 2 ADC1の電圧 0577 1399mV
9 2 ADC2の電圧 02F2 754mV
a 1 センサーモード番号 00 通常モード
b 2 X軸の加速度 0000 0mg 単位はmg*10
c 2 Y軸の加速度 FF96 -1060mg 単位はmg*10
d 2 Z軸の加速度 FFF0 -160mg 単位はmg*10
e 1 チェックサム BB
スイッチ
:800000009C00118201015A00FEDF000709A300010064
 ^^^^^^^1^2^^^3^^^^^^^4^5^6^7^^^8^^^9^a^b^c^d
番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
1 4 中継機のシリアルID 80000000 中継無し 中継していない場合は80000000
2 1 LQI 9C 156 0が最小で255が最大
3 2 続き番号 0062 98
4 4 送信元のシリアルID 8201015A 送信元のシリアルIDは201015A
5 1 送信元の論理デバイスID 00 送信元の論理デバイスIDは00
6 1 センサー種別 10 スイッチ
7 1 電源電圧 [mV] DF 3330mV 電源電圧の計算方法を参照
8 2 ADC1の電圧 0007 7mV
9 2 ADC2の電圧 09A3 2467mV
a 1 センサーモード番号 00 立ち下がり検出モード 0:立ち下り検出モード1:立ち上り検出モード
b 1 DI1の状態 01 ON(Low) 1がON(Low)
c 1 未使用 00
d 1 チェックサム 64
パルアプリ
開閉センサーパル
:80000000A8001C82012B1E01808103113008020D0C1130010203E40000000101EC6E
 ^^^^^^^1^2^^^3^^^^^^^4^5^6^7^8^9^a^b^c^^^d^e^f^g^h^^^i^j^k^l^m^n^o^p
番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
1 4 中継機のシリアルID 80000000 中継無し 中継していない場合は80000000
2 1 LQI A8 168 0が最小で255が最大
3 2 続き番号 001C 28
4 4 送信元のシリアルID 82012B1E 送信元のシリアルIDは2012B1E
5 1 送信元の論理デバイスID 01 送信元の論理デバイスIDは01
6 1 センサー種別 80 80で固定
7 1 PAL基板バージョンとPAL基板ID 81 開閉センサーパル Ver.1
8 1 センサーデータの数 03 3つ
9 1 各種情報ビット値 11 拡張バイトあり 符号なしShort型
a 1 データソース 30 ADC
b 1 拡張バイト 08 電源電圧
c 1 データ長 02 2バイト
d 2 データ 0D0C 3340mV
e 1 各種情報ビット値 11 拡張バイトあり 符号なしShort型
f 1 データソース 30 ADC
g 1 拡張バイト 01 ADC1
h 1 データ長 02 2バイト
i 2 データ 03E4 996mV
j 1 各種情報ビット値 00 拡張バイトなし符号なしChar型
k 1 データソース 00 磁気
l 1 拡張バイト 00 0
m 1 データ長 01 1バイト
n 1 データ 01 磁石(N極) 0x00:近くに磁石がない 0x01:磁石のN極が近くにある 0x02:磁石のS極が近くにある 0x80:定期送信(本ビットが1でない場合は磁石までの距離が変化したときです。)
環境センサーパル
:8000000084811F810EFF6D04808205113008020AEB11300102035A0501000209E3010200020E3A02030004000001BE6C00
  ^^^^^^^1^2^^^3^^^^^^^4^5^6^7^8^9^a^b^c^^^d^e^f^g^h^^^i^j^k^l^m^^^n^o^p^q^r^^^s^t^u^v^w^^^^^^^x^y^z
番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
1 4 中継機のシリアルID 80000000 中継無し 中継していない場合は80000000
2 1 LQI 84 132 0が最小で255が最大
3 2 続き番号 811F 33055
4 4 送信元のシリアルID 810EFF6D 送信元のシリアルIDは810EFF6D
5 1 送信元の論理デバイスID 04 送信元の論理デバイスIDは04
6 1 センサー種別 80 80で固定
7 1 PAL基板バージョンとPAL基板ID 82 環境センサーパル Ver.1
8 1 センサーデータの数 05 5つ
9 1 各種情報ビット値 11 拡張バイトあり 符号なしShort型
a 1 データソース 30 ADC
b 1 拡張バイト 08 電源電圧
c 1 データ長 02 2バイト
d 2 データ 0AEB 2795mV
e 1 各種情報ビット値 11 拡張バイトあり 符号なしShort型
f 1 データソース 30 ADC
g 1 拡張バイト 01 ADC1
h 1 データ長 02 2バイト
i 2 データ 035A 858mV
j 1 各種情報ビット値 05 拡張バイトなし符号ありShort
k 1 データソース 01 温度
l 1 拡張バイト 00 0
m 1 データ長 02 2バイト
n 2 データ 09E3 25.31℃ 温度(℃)の100倍の値
o 1 各種情報ビット値 01 拡張バイトなし符号なしShort
p 1 データソース 02 湿度
q 1 拡張バイト 00 0
r 1 データ長 02 2バイト
s 2 データ 0E3A 36.42% 湿度(%)の100倍の値
t 1 各種情報ビット値 02 拡張バイトなし符号ありLong
u 1 データソース 03 照度
v 1 拡張バイト 00 0
w 1 データ長 04 4バイト
x 4 データ 000001BE 446 lux
y 1 チェックサム1 6C
z 1 チェックサム2 00
動作センサーパル
:80000000BA002382011CEF01808312113008020D0211300102055C1504400600100010045015044106000800100430150442060000001004381504430600080018043015044406000000180458150445060000002004381504460600080018042815044706FFE80010042015044806FFF00010043815044906FFE80018043015044A06FFF80018044015044B06FFF80018041815044C0600000010042015044D0600000028045015044E0600000008043815044F0600000018043828A5
 ^^^^^^^1^2^^^3^^^^^^^4^5^6^7^8^9^a^b^c^^^d^e^f^g^h^^^i^j^k^l^m^^^^^^^^^^^n^o^p^q^r^^^^^^^^^^^s  ...                                                                                                                                                                                                                                                               ^t^u^v^w^^^^^^^^^^^x^y^z
番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
1 4 中継機のシリアルID 80000000 中継無し 中継していない場合は80000000
2 1 LQI BA 186 0が最小で255が最大
3 2 続き番号 0023 35
4 4 送信元のシリアルID 82011CEF 送信元のシリアルIDは82011CEF
5 1 送信元の論理デバイスID 01 送信元の論理デバイスIDは01
6 1 センサー種別 80 80で固定
7 1 PAL基板バージョンとPAL基板ID 83 動作センサーパル Ver.1
8 1 センサーデータの数 12 18
9 1 各種情報ビット値 11 拡張バイトあり 符号なしShort型
a 1 データソース 30 ADC
b 1 拡張バイト 08 電源電圧
c 1 データ長 02 2バイト
d 2 データ 0D02 3330mV
e 1 各種情報ビット値 11 拡張バイトあり 符号なしShort型
f 1 データソース 30 ADC
g 1 拡張バイト 01 ADC1
h 1 データ長 02 2バイト
i 2 データ 055C 1372mV
j 1 各種情報ビット値 15 拡張バイトあり符号ありShort
k 1 データソース 04 加速度
l 1 拡張バイト 40 サンプリング周波数 : 100Hz
0サンプル目
m 1 データ長 06 6バイト
n 2 データ 001000100450 X : 16mg
Y : 16mg
Z : 1104mg
o 1 各種情報ビット値 15 拡張バイトあり符号ありShort
p 1 データソース 04 加速度
q 1 拡張バイト 41 サンプリング周波数 : 100Hz
1サンプル目
r 1 データ長 06 2バイト
s 2 データ 000800100430 X : 8mg
Y : 16mg
Z : 1072mg
...
t 1 各種情報ビット値 15 拡張バイトあり符号ありShort
u 1 データソース 04 加速度
v 1 拡張バイト 4F サンプリング周波数 : 100Hz
15サンプル目
w 1 データ長 06 6バイト
x 4 データ 000000180438 X : 0mg
Y : 24mg
Z : 1080mg
y 1 チェックサム1 97
z 1 C6 A5
通知パル
:80000000C9BBC082014C3501808403113008020D0C1130010203F9120504041000000097C6
 ^^^^^^^1^2^^^3^^^^^^^4^5^6^7^8^9^a^b^c^^^d^e^f^g^h^^^i^j^k^l^m^n^^^^^o^p^q
番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
1 4 中継機のシリアルID 80000000 中継無し 中継していない場合は80000000
2 1 LQI CQ 186 0が最小で255が最大
3 2 続き番号 BBC0 48064
4 4 送信元のシリアルID 82014C35 送信元のシリアルIDは82014C35
5 1 送信元の論理デバイスID 01 送信元の論理デバイスIDは01
6 1 センサー種別 80 80で固定
7 1 PAL基板バージョンとPAL基板ID 84 通知パル Ver.1
8 1 センサーデータの数 03 3
9 1 各種情報ビット値 11 拡張バイトあり 符号なしShort型
a 1 データソース 30 ADC
b 1 拡張バイト 08 電源電圧
c 1 データ長 02 2バイト
d 2 データ 0D0C 3340mV
e 1 各種情報ビット値 11 拡張バイトあり 符号なしShort型
f 1 データソース 30 ADC
g 1 拡張バイト 01 ADC1
h 1 データ長 02 2バイト
i 2 データ 03F9 1017mV
j 1 各種情報ビット値 12 拡張バイトあり符号なしLong
k 1 データソース 05 イベント
l 1 拡張バイト 04 加速度によるイベント
m 1 データ長 04 4バイト
n 1 データ1 10 イベント16が発生 加速度の場合
0x01~0x06:さいころ(さいころの目-1)
0x08:シェイク
0x10:タップ
o 3 データ2 000000 0 将来の拡張用。現在は未使用
p 1 チェックサム1 28
q 1 チェックサム2 A5
アクト
:FEAA008201015A00000000B7000F424154310F0CEE000B03FF03FF03FF92
 ^1^2^3^^^^^^^4^^^^^^^5^6^^^7^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^8^9
番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
1 1 送信元の論理デバイスID FE 送信元の論理デバイスIDは0x78
2 1 コマンド種別 AA アクトのパケット 0xAA固定
3 1 応答ID 00 任意の0x00~0x7Fの値
4 4 送信元のシリアルID 8201015A 送信元のシリアルIDは201015A
5 4 送信先のシリアルID 00000000 00000000のときは論理デバイスIDを指定して送信している。
6 1 LQI B7 183 0が最小で255が最大
7 2 データのバイト数 000F 15バイト
8 N データ 424154310F0CEE000B03FF03FF03FF
9 1 チェックサム 92

コマンド(送信データ)

親機が子機に送信するコマンドの入力形式です。

0x90コマンド

TWELITE PAL に対して送信するコマンドです。

:0190010004000169[CR][LF]
 ^1^2^3^^^^^^^4^5
番号 バイト数 意味 データ例 備考
1 1 送信先の論理デバイスID 01 送信先のTWELITE PALの論理デバイスIDを指定します。
0x01から0x64まで指定可能です。
2 1 コマンド種別 90
3 1 コマンドパラメータ数 01 コマンドパラメータの数を指定します。例えば、コマンドパラメータを1つだけ指定するなら1に、2つ指定するには2にします。
4 コマンド数x4 コマンドパラメータ 00040001 イベントやLEDの色などを指定するためのパラメータを指定します。
詳細はコマンドパラメータを参照してください。
5 1 チェックサム 69 1~4の各バイトの和を8ビット幅で計算し2の補数をとります。つまりデータ部の各バイトの総和+チェックサムバイトを8ビット幅で計算すると0になります。
チェックサムバイトをアスキー文字列2文字で表現します。
例えば 00A01301FF123456 では 0x00 + 0xA0 + ... + 0x56 = 0x4F となり、この二の補数は0xB1 です。(つまり 0x4F + 0xB1 = 0)
チェックサムをXにすることでチェックサムを省略可能です。
6 2 フッター [CR][LF] [CR] (0x0D) [LF] (0x0A) を指定します。ただし、チェックサムをXで省略する場合はフッターも省略可能です。
コマンドパラメータ

4バイトのコマンドパラメータを組み合わせてコマンドを指定します。

  • 0x00 : イベントIDを送信する
  • TWELITE PALは受信したイベントIDごとの振る舞いが設定されております。
    本パラメータでは送信先のTWELITE PALにイベントIDを送信し、設定した動作を行います。

    イベント毎の振る舞いを変更するにはTWELITE PALの設定を変更してください。
    番号 バイト数 内容 備考
    1 1 コマンドパラメータID 0x00
    2 1 送信先PAL ID 送信先のPAL IDを指定します。
    0x04:通知パル
    0xFF:すべてのTWELITE PAL
    3 1 未使用領域 0x00固定
    4 1 イベントID 0~16までのイベントIDを指定します。
  • 0x01 : LEDの色、点滅パターン、明るさを送信する
  • 送信先の通知パルにLEDの色、点滅パターン、明るさを送信します。

    番号 バイト数 内容 備考
    1 1 コマンドパラメータID 0x01
    2 1
    0:赤
    1:緑
    2:青
    3:黄色
    4:紫
    5:水色
    6:白
    7:暖かい白
    3 1 点滅パターン 0:常時点灯
    1~3:点滅パターン(数値が大きくなるほど点滅が早くなる。)
    4 1 明るさ 0:消灯
    0x01~0x0F:明るさ(数値が大きいほど明るくなる。)
  • 0x02 : 点灯時間を送信する
  • 通知パルのLEDの点灯時間を送信します。

    本コマンドパラメータは、LEDの色、点滅パターン、明るさのパラメータが含まれないので、コマンドパラメータ0x01と組み合わせて使用します。
    本コマンドパラメータを使用する場合は、送信間隔を必ず点灯時間より大きく設定してご使用ください。
    番号 バイト数 内容 備考
    1 1 コマンドパラメータID 0x02
    2 1 未使用領域
    0xFF固定
    3 1 未使用領域 0x00固定
    4 1 点灯時間 秒で指定(0は常時点灯)
コマンド例
  • 例1:イベントを送信する

    論理デバイスIDが1のNOTICE PALに対してイベント1を送信するコマンド例です。

    :0190010004000169
     ^1^2^3^4^5^6^7^8
    番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
    1 1 送信先の論理デバイスID 01 送信先の論理デバイスIDは0x01
    2 1 コマンド種別 90 0x90コマンド 90固定
    3 1 コマンド数 01 コマンドは1個
    4 1 コマンドID 00 コマンド00
    5 1 送信先PAL ID 04 通知パルに対して送信する
    6 1 未使用領域 00
    7 1 イベントID 01 イベント1 0x00~0x10まで
    8 1 チェックサム 69
  • 例2:通知パルのLEDの点灯色を送信する

    論理デバイスIDが1のNOTICE PALに対して明るさ8で白色にゆっくり点滅させるためのコマンドです。

    :019001010601085E
     ^1^2^3^4^5^6^7^8
    番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
    1 1 送信先の論理デバイスID 01 送信先の論理デバイスIDは0x01
    2 1 コマンド種別 90 0x90コマンド 90固定
    3 1 コマンド数 01 コマンドは1個
    4 1 コマンドパラメータID 01 コマンドパラメータID 0x01
    5 1 06
    6 1 点滅パターン 01 点滅
    7 1 明るさ 08 明るさ8 0x00~0x0Fまで
    8 1 チェックサム 5E
  • 例3:通知パルのLEDの点灯色と点灯時間を送信する。

    論理デバイスIDが1のNOTICE PALに対して紫に点灯させ、点灯後1秒で消灯させるコマンドです。

    本コマンドを試す場合、送信間隔を必ず点灯時間より大きく設定してご使用ください。
    :0190020104000802FF00015E
     ^1^2^3^4^5^6^7^8^9^a^b^c
    番号 バイト数 意味 データ例 データ例の内容 備考
    1 1 送信先の論理デバイスID 01 送信先の論理デバイスIDは0x01
    2 1 コマンド種別 90 0x90コマンド 90固定
    3 1 コマンド数 02 コマンドは2個
    4 1 コマンドパラメータID 01 コマンドパラメータID 0x01
    5 1 04
    6 1 点滅パターン 00 点灯
    7 1 明るさ 08 明るさ8 0x00~0x0Fまで
    8 1 コマンドパラメータID 02 コマンドパラメータID 0x02
    9 1 未使用領域 FF
    a 1 未使用領域 00
    b 1 点灯時間 01 点灯後1秒で消える
    a 1 チェックサム 5E