複数種類のI2Cセンサーを使用する

このモードは本アプリで使用できるI2Cセンサーを複数種類同時に使用することができます。(v2.0.2 以降)

例えばTWELITE 2525Aとジャイロセンサーを組み合わせてより詳細なモノの動きをモニタリングしたり、温湿度センサーと照度センサーを組み合わせて環境の情報をTWELITE-トワイライト 1つで計測することができます。

子機を本モードにする場合、 インタラクティブモード にて、センサー種別(m)を0xD1に設定します。

使用するセンサーの指定

使用するセンサーの組み合わせはセンサーごとに番号が割り振られており、その番号を足した数(16進数)をSensor Parameter2に設定します。

センサーの番号は下記表を参照してください。

センサー番号(16進) センサーー名
0x0001 SHT21 (温湿度)
0x0002 ADT7410 (温度)
0x0004 MPL115A2 (気圧)
0x0008 LIS3DH (加速度)
0x0010 ADXL34x (加速度)
0x0020 TSL2561 (照度)
0x0040 L3GD20 (ジャイロ)
0x0080 S11059-02DT (カラー)
0x0100 BME280 (温湿度・気圧)

例1 : SHT21とMPL115A2を組み合わせる場合
0x0001 + 0x0004 = 0x0005 → 5に設定する

例2 : SHT21とTSL2561とS11059-02DT を組み合わせる場合
0x0001 + 0x0020 + 0x0080 = 0x00A1 → A1に設定する

親機でのUART出力

子機で得られたセンサー情報を親機の出力形式別に説明します。

セミコロン区切り形式

下記のように出力されます。

;61;00000000;165;002;10f0eb5;3270;2467;2467;0000;0000;W;X;00;0000;0000;0096;G;0000;0000;0000;
;*1;*2      ;*3 ;*4 ;*5     ;*6  ;*7  ;*8  ;*9  ;*10 ;*11;*12 ...                           ; 

このデータには下記のような情報が記述されています。

*1: 親機起動後のタイムスタンプ[s]
*2: 中継機のSID(中継していない場合は0x00000000)
*3: LQI
*4: 続き番号
*5: 子機SID
*6: 子機の電源電圧(mV)
*7: ADC1(mV)
*8: ADC2(mV)
*9: 未使用
*10: 未使用
*11: 複数センサーを使用することを示す文字(W)
*12: 以降はセンサーデータ

センサーデータは最初にセンサーごとの識別子、そのあとにセンサーのデータの順番で出力されます。
センサーごとのデータは下記の表のようなデータ形式で出力されます。

   
センサー名 センサーの識別子 データ1 データ2 データ3 データ4
SHT21 (温湿度) S 温度(℃)×100 湿度(%)×100 - -
ADT7410 (温度)D 温度(℃)×100 - - -
MPL115A2 (気圧)M 気圧(hPa) - - -
LIS3DH (加速度) I X軸の加速度(mg*10) Y軸の加速度(mg*10) Z軸の加速度(mg*10) -
ADXL34x (加速度) X センサーのモード番号 X軸の加速度(mg*10) Y軸の加速度(mg*10) Z軸の加速度(mg*10)
TSL2561 (照度) T 照度(lux) - - -
L3GD20 (ジャイロ) G ロール軸の回転量(dps) ピッチ軸軸の回転量(dps) ヨー軸の回転量(dps) -
S11059-02DT (カラー) C 赤外
BME280 (温湿度・気圧) B 温度(℃)×100 湿度(%)×100 気圧(hPa) -

書式(アスキー)形式

下記のように出力されます。

:80000000A2C20D810133E900D1E70593031403310A1511653303E63500001AFF95FFFB48
 ^^^^^^^1^2^^^3^^^^^^^4^5^6^7^^^8^^^9 ...                              ^a

このデータにか下記のような情報が記述されています。

ここから最後の2バイトまではセンサーデータ

センサーデータは最初にセンサーごとの識別子、そのあとにセンサーのデータの順番で出力されます。
センサーごとのデータは下記の表のようなデータ形式で出力されます。

   
センサー名 センサー識別子(1バイト) データ1 データ2 データ3 データ4
バイト数 内容 バイト数 内容 バイト数 内容 バイト数 内容
SHT21 (温湿度) 0x31 2 温度(℃)×100 2 湿度(%)×100 - - - -
ADT7410 (温度)0x32 2 温度(℃)×100 - - - - - -
MPL115A2 (気圧)0x33 2 気圧(hPa) - - - - - -
LIS3DH (加速度) 0x34 2 X軸の加速度(mg*10) 2 Y軸の加速度(mg*10) 2 Z軸の加速度(mg*10) - -
ADXL34x (加速度) 0x35 1 センサーのモード番号 2 X軸の加速度(mg*10) 2 Y軸の加速度(mg*10) 2 Z軸の加速度(mg*10)
TSL2561 (照度) 0x36 4 照度(lux) - - - - - -
L3GD20 (ジャイロ) 0x37 2 ロール軸の回転量(dps) 2 ピッチ軸軸の回転量(dps) 2 ヨー軸の回転量(dps) - -
S11059-02DT (カラー) 0x38 2 2 2 2 赤外
BME280 (温湿度・気圧) 0x39 2 温度(℃)×100 2 湿度(%)×100 2 気圧(hPa) - -

書式(バイナリ)形式

下記のように出力されます。

A5 5A 80 23 80 00 00 00 96 00 20 81 01 33 E9 00 D1 E7 05 9D 03 23 03 31 0A 27 11 9A 33 03 E5 35 00 00 06 FF 95 FF FF FA 04
  

このデータにか下記のような情報が記述されています。

ここから最後の2バイトまではセンサーデータ

センサーデータは最初にセンサーごとの識別子、そのあとにセンサーのデータの順番で出力されます。
センサーごとのデータは下記の表のようなデータ形式で出力されます。

   
センサー名 センサー識別子(1バイト) データ1 データ2 データ3 データ4
バイト数 内容 バイト数 内容 バイト数 内容 バイト数 内容
SHT21 (温湿度) 0x31 2 温度(℃)×100 2 湿度(%)×100 - - - -
ADT7410 (温度)0x32 2 温度(℃)×100 - - - - - -
MPL115A2 (気圧)0x33 2 気圧(hPa) - - - - - -
LIS3DH (加速度) 0x34 2 X軸の加速度(mg*10) 2 Y軸の加速度(mg*10) 2 Z軸の加速度(mg*10) - -
ADXL34x (加速度) 0x35 1 センサーのモード番号 2 X軸の加速度(mg*10) 2 Y軸の加速度(mg*10) 2 Z軸の加速度(mg*10)
TSL2561 (照度) 0x36 4 照度(lux) - - - - - -
L3GD20 (ジャイロ) 0x37 2 ロール軸の回転量(dps) 2 ピッチ軸軸の回転量(dps) 2 ヨー軸の回転量(dps) - -
S11059-02DT (カラー) 0x38 2 2 2 2 赤外
BME280 (温湿度・気圧) 0x39 2 温度(℃)×100 2 湿度(%)×100 2 気圧(hPa) - -