TWELITE STAGE-トワイライトステージ
トワイライトステージ
TWELITE STAGE
評価開発環境
アプリのビルド、書換、設定、表示に。

評価開発環境TWELITE STAGE-トワイライトステージ

TWELITE STAGE-トワイライトステージはTWELITEを動作させるためのアプリのビルド、書換、設定、そして、データを表示する機能を統合した評価開発環境です。

用途
受信データの表示(ビューア)

TWELITEから受信したデータを表示することができます。

メニューから[ビューア]で一覧リストから希望のビューアを選択してください。

TWELITE APPSの書換

メニューから[アプリ書換]>[TWELITE APPSビルド&書換]で一覧リストから希望のアプリを選択すると書き換えることができます。

  • 超簡単!標準アプリ
    TWELITE STAGEのメニューから[アプリ書換]>[TWELITE APPSビルド&書換]>[App_Twelite]を選択
  • 無線タグアプリ
    TWELITE STAGEのメニューから[アプリ書換]>[TWELITE APPSビルド&書換]>[App_Tag]を選択
  • リモコンアプリ
    TWELITE STAGEのメニューから[アプリ書換]>[TWELITE APPSビルド&書換]>[App_IO]を選択
  • シリアル通信アプリ
    TWELITE STAGEのメニューから[アプリ書換]>[TWELITE APPSビルド&書換]>[App_Uart]を選択
  • パルアプリ
    TWELITE STAGEのメニューから[アプリ書換]>[TWELITE APPSビルド&書換]>[App_PAL]を選択
  • 親機・中継機アプリ
    TWELITE STAGEのメニューから[アプリ書換]>[TWELITE APPSビルド&書換]>[App_Wings]を選択

書換の後はインタラクティブモードに自動移行します。周波数チャネル、アプリケーションID、再送回数等を必要に応じて設定してください。

TWELITE APPSの全てのソースコードと実行ファイルが含まれており、個別にダウンロードする必要がありません。
編集したソースコードをビルドしてTWELITEに書き込むこともできます。
TWELITE APPSの編集、ビルド&書換

TWELITE APPSのソースコードをビルドしてTWELITEに書き込むことができます。

TWELITE APPSのソースコードはMWSTAGE>MWSDK>Wks_TweAppsの各アプリフォルダ内にあります。

ファイルの編集機能はございませんので、テキストエディタを別途ご用意ください。ビルドはVisual Studio Codeに対応しています。
自作アプリの作成、ビルド&書換

TWELITEで動作するアプリを書くことができるプログラムをact(アクト)と呼びます。actはなるべく手軽にTWELITEのプログラミングを開始できることを目的としています。

actのソースコードをビルドしてTWELITEに書き込むことができます。

ファイルの編集機能はございませんので、テキストエディタを別途ご用意ください。ビルドはVisual Studio Codeに対応しています。
インタラクティブモード

アプリの設定をすることができます。

メニューから[インタラクティブモード]を選択するとインタラクティブモードに移行します。周波数チャネル、アプリケーションID、再送回数等を必要に応じて設定してください。

設定項目の内容はインタラクティブモードをご参照ください。
ダウンロード

ソフトウエア開発環境 TWELITE STAGE SDKは無償でご使用いただけます。 ご使用の際はソフトウエア使用許諾にご同意ください。

最新版:MWSTAGE2020_05(2020/5月29日)

十分注意をしておりますが、万が一もございますので、お客様の方でもウイルスチェックを行っていただくようお願い申し上げます。
FTP によるダウンロードとなります。ダウンロードがうまくいかない場合は、ブラウザ, FTP クライアントを違うものに試してみるか、別のネットワーク環境からダウンロードをお試しください。
インストール

ダウンロードしたファイルを解凍すると必要なファイルが一式入ったMWSTAGEというフォルダができます。このファイルを任意の場所に置いてください。

起動方法
  1. TWELITE RまたはMONOSTICKがUSBポートに正しく接続されていることを確認する。
  2. MWSTAGEフォルダ内のTWELITE_stageファイルをダブルクリックする。起動するとUSBに接続されたTWELITE RまたはMONOSTICKが画面上に表示される。
  3. 使用するデバイスを選択する。
  4. デバイスを選択するとメニュー画面が現れる。
stage-top-menu
操作方法

メニューから項目を選択

以下の3通りがあります。

  • キーボードの上下の矢印で行を選択(選択した項目が反転表示)、Enterキーで決定
  • キーボードから行頭の英数字を入力(半角・大文字/小文字を区別)
  • 左ボタン[A]で上↑の行、右ボタン[C]で下↓の行を選択、中央ボタン[B]で決定

メニューに戻る

方法は以下の2通りがあります。

  • キーボードのescキーを入力
  • 左ボタン[A]を長押して離す。

ショートカットキー

PCの場合はキーボードのAltキー、Macの場合は⌘(command)キーを押すと、ショートカットキーの一覧が表示されます。

  • Alt/⌘と Wキーを押すと、画面サイズを切り替えられます。キーを押す毎に640 x 480、960 x 720、1280 x 720、1280 x 960、1920 x 1080、320 x 240が順に切り替わります。
  • Alt/⌘と Fキーを押すと、フルスクリーン表示(全画面表示)になります。もう一度押すと元に戻ります。
  • Alt/⌘と Cキーを押すと、画面に表示されている内容をクリップボードにコピーします。
ビューア

トップメニューから1:ビューアを選択すると以下が表示されます。

vewer

❶ ターミナル

TWELITEからの文字出力を画面に表示したり、キーボードからTWELITEへ文字を入力することができるシリアルターミナルです。

通信条件は、115200bps 8N1 に固定されています。

注:一度のESCキー入力ではメニューに戻れません。ESCを素早く2回入力してください。

❷ 標準アプリビューア

超簡単!標準アプリ(App_Twelite)をインストールしたTWELITEからの情報を画面に表示します。ステータス 0x81を視覚的に表示します。

❸ PALビューア

パルアプリ(App_PAL)をインストールしたTWELITEからの情報を画面に表示します。

❹ グランサー(簡易モニタ)

受信した全てのパケット情報(論理デバイスID、シリアル番号、LQ(リンク品質)、電源電圧、タイムカウント)を表示します。

アプリ書換

トップメニューから2:アプリ書換を選択すると以下が表示されます。

programmer

❶ BINから選択

BINフォルダ内のファイルを選択してTWELITEに書き込むことができます。書き込みをする実行ファイルを予めMWSTAGEフォルダ内のBINフォルダに入れてください。

❷ Actビルド&書換

TWELITEで動作するアプリを書くことができるプログラムをact(アクト)と呼びます。actはなるべく手軽にTWELITEのプログラミングを開始できることを目的としています。

作成したactをビルドしてTWELITEに書き込むことができます。

アクト
TWELITEプログラム
手軽にプログラミング。
act
TWELITEで動作するアプリを書くことができるプログラムをact(アクト)と呼びます。actはなるべく手軽にTWELITEのプログラミングを開始できることを目的としています。

❸ TWELITE APPSビルド&書換

書き込みをしたいアプリをリストから選択するとビルドを開始してTWELITEに書き込みます。

任意のテキストエディタでソースコードを変更することもできます。

TWELITE APPS - トワイライトアプリはTWELITEのソフトウエア開発を行わずにそのまま使えるレディメイドソフトウエアです。TWELITEに書き込むだけですぐに使用できます。

省電力で動作する無線センサーやリモコンを作るために必要な機能をあらかじめ用意しております。

無線モジュール TWELITE-トワイライト アプリ
ソフトウエア各種
無線センサーやリモコンを作る。
TWELITE APPS
TWELITE APPS - トワイライトアプリはソフトウエア開発なしですぐに使用可能なソフトウエアです。省電力で動作する無線センサーやリモコンを作るために必要な機能をあらかじめ用意しております。

❹ 指定

他の開発環境でビルドした実行ファイルを書き込む際に使用します。実行ファイルが入ったフォルダをドロップすることで記憶させることができます。

❺ 再書換

直前に使用したフォルダ/ファイルを記憶します。連続して同じファイルを書き込む場合に便利です。

インタラクティブモード

TWELITE APPSの詳細設定を行う際に使用します。周波数チャネル、アプリケーションID、再送回数、その他を設定できます。

インタラクティブモード
アプリの設定をする。
インタラクティブモード
インタラクティブモードで各アプリの設定を変更できます。通信チャンネル、通信グループ等の設定ができます。
入力は半角の英数字で行ってください。大文字と小文字を区別しますのでご注意ください。
設定値を変更した後に必ずS(大文字)を入力し保存をしてください。
TWELITE STAGEの設定

❶ 共通設定

画面サイズや色を変更することができます。

320 x 240、640 x 480、960 x 720、1280 x 720、1280 x 960、1920 x 1080

❷〜❺

各画面の画面サイズや色を個別に変更することができます。

❻ セーブデータ ユーティリティ(ダンプ/消去)

セーブデータのダンプ/消去をすることができます。

❼ 情報

各フォルダのディレクトリを表示します。

入力は半角の英数字で行ってください。大文字と小文字を区別しますのでご注意ください。
設定値を変更した後に必ずS(大文字)を入力し保存をしてください。
シリアルポート選択

USBポートに接続されたTWELITE RまたはMONOSTICKが表示されます。(複数接続している場合は複数表示されます。)使用するデバイスを選択してください。

マニュアル

TWELITE STAGEソフトウエアのインストール情報はマニュアルをご覧ください。

ビルド環境についての情報はマニュアルをご覧ください。

旧SDK

従来のTWELITE SDKのページです。

販売店

モノワイヤレスの製品は実店舗またはネット通販でご購入いただけます。