動作センサーパル向けログリーダー

動作センサーパルのデータを受信したときに出力されたシリアルデータのログからExcelでグラフ化及び周波数域変換するためのサンプルツールです。

加速度のログをExcelで処理したい、加速度を周波数変換したい場合はこちらをご利用ください。

本シートは選択したログのデータをすべて使用してグラフの作成及び周波数域に変換します。必要に応じてログデータを編集して使用してください。

ダウンロード

動作確認を行ったExcelは"Excel2010"と"Excel Build 1904"です。

用意するもの

PCの準備

  1. 上記ダウンロードよりダウンロードしたExcelシートをわかりやすいフォルダ(例えばデスクトップ)に置く。
  2. 下記WebページよりPCの環境にあったTera Termをダウンロードし、インストールする。
    https://ja.osdn.net/projects/ttssh2/

TWELITE PALの準備

  1. BLUE PAL/RED PALに動作センサーパルを接続する。

MONOSTICKの準備

  1. MONOSTICKのアプリ(App_PAL-Parent-xxx-MONOSTICK.bin)を書き換える。
  2. MONOSTICKをリセットもしくはUSBポートに差しなおす。

ツールの使用方法

データログの保存

  1. PCでTera Termを起動しMONOSTICKのポートを開く。
  2. メニューバーの 設定 → シリアルポートをクリックして、下図のように設定し、OKボタンを押す。
  3. BLUE PAL/RED PALの電池ホルダーにコイン型電池(CR2032)を挿入する。
  4. 下図のようにデータが出力されていることを確認する。出力されない場合は再度電池を投入しなおし、データを再度確認する。
    :80000000B4000A82012B3D01808312113008020D4811300102055715040006FDF0FC60FEF015040106FB60FE90FFE015040206FBC8FFE8FFD815040306FB9800C0002815040406FBB00118000015040506FB70FF98FFD015040606FC600010001815040706FC78FF80FF6015040806FC10FF78FFD015040906FBD8FF78001815040A06FC10FF80FFF815040B06FC000000000015040C06FBF00088FFF015040D06FBE80008FFD815040E06FBF8FFE0FFE015040F06FBE0FFE8FFD050CB
    …
  5. BLUE PAL/RED PALを計測したい場所に設置する。
  6. 1分おきにデータが出力されていることを確認する。
  7. 次のデータが出力される前にTera Termのメニューバーの ファイル → ログをクリックする。
  8. ファイル名に保存するファイル名を入力し、保存先をわかりやすいフォルダ(例えばデスクトップ)にしてから保存ボタンを押す。その際、オプションは下図のようになっていることを確認する。
  9. 新しいシリアルデータが出力されたら Teraterm:ログ ウインドウの閉じるを押す。

グラフの描画

  1. ダウンロードしたExcelシートを開く。
    ※ 下図のような警告が出た場合は”編集を有効にする”を押す。
  2. "コンテンツの有効化"を押す
  3. "ログファイルを開く"を押し、Tera Termで保存したファイルを選択する。
  4. 下図のようにグラフが描画されることを確認する