まず使ってみる

 

App_Uart を使用してみましょう。このモードは利用が平易なため、接続や動作確認を行うにも良いモードです。

PCに接続して実験しますので、TWELITE DIP2ヶと PC に UART を接続する手段(USB-シリアル変換ケーブルなど)を用意してください。

  1. 事前にファームウェアを書き込んでおいてください(TWELITE DIP 書き込みツール
  2. 配線接続を行います。
  3. PC側でターミナルソフトを立ち上げる。
  4. TWELITE DIPに電源を投入し動作確認します。

配線接続

App_UART では UART0 TX RX を使用します。

右の図はファームウェア書き込み時(USB シリアル変換ケーブル TTL-232R-3V3使用)の配線図ですが、そのまま利用できます。

使用する機能に応じていくつかのピンにはボタンやマイコンのIOを接続することになりますが、ここでは、他のピンは接続せずオープンにしておいてください。

ターミナルソフトの立ち上げ

TWELITE DIPとPCの接続を行ったあと、PC側でターミナルソフトウェアを起動します。他のターミナルソフトを用いてもかまいませんが、Windows環境では TeraTerm の利用を推奨します。

  1. 接続しているシリアルポート名(Windows では COMポート)を調べる
    Windows の場合はデバイスマネージャを用いるのが簡単です。
  2. TeraTerm を起動し上記ポートを開く。通信設定は「115200bps/8bit/パリティ無し/ストップビット1/フロー制御なし」です。また本アプリケーションはエコーバック(入力された文字を出力する)を行いますので、ローカルエコーは OFF にしておいてください。

動作確認する

  1. TWELITE DIPの電源を投入します。以下のようなメッセージが表示されます。ファームウェアのバージョンやモジュールのアドレスなどの表示が為されます。ここで何も出なかったり、文字化けするような場合は、配線やターミナルソフトの設定を見直してください。
    !INF TWE UART APP V0-10-1, SID=0x86300001, LID=0x78
    86300001:0>
  2. 他方の TWELITE DIPの電源も投入してください。
  3. どちらかの TWELITE DIPから何か入力して [Enter] キーを押してください。
    86300001:0> Hello World![Enter]
    ↓ 他方から以下のような文字列が表示されます。
    [86300001:0] Hello World!
  4. 他方のTWELITE DIPから入力してみてください。