中継機の使用方法

通信距離を延ばす、アクセスポイントとして使用するために中継機を使用することができます。

親機(受信側)の設定

中継機用のファームウェア(App_Tag_Router_*_x_x_x.bin)書き込んで下さい。
書き込み後、リセットもしくは電源を投入しなおすと中継機として使用できます。

注意点

静的ルーティングをする場合

本ファームウェアの中継機は周囲の上位レイヤを検索し、発見した上位レイヤ1台に対して接続し、中継を行います。
電波状況が悪いために上位レイヤが見つからない場合や接続中に通信が切断した場合は、上位レイヤを発見するまで検索するので中継できなくなることがあります。

その時は接続先の設定を行うと、接続先を検索せずに決まった上位レイヤに接続するので、通信しやすくなる場合があります。
下記のように中継機1には親機のSID、中継機2には中継機1のSIDになるように接続先を設定してください。

例: 3ホップの場合 (親機 ← 中継機1 ← 中継機2 ← 中継機3 ← 子機)

  TWELITEのSID例 接続先の設定(A: set access point address)の設定例 中継レイヤの設定(l: set layer)の設定例
親機 810F155E - -
中継機1 810E18E8 810F155E (親機のSID) 1
中継機2 810F17FF 810E18E8 (中継機1のSID) 2
中継機3 810E02CD 810F17FF (中継機2のSID) 3

SIDの確認方法

親機、中継機のSIDは、インタラクティブモードの1行目の"SID="の後に記述されています。
下図の場合はSIDは81002168です。