ねこったー(猫ツイッター)

ねこったー(猫ツイッター)は、IoT:Internet of Things(モノのインターネット)のわかりやすい事例です。

ねこったー(猫ツイッター)は、電子工作漫画「ハルロック」のエピソードとして登場した、猫が行動をツイートするシステムです。主人公のはるちゃんがモノをつなぐ無線マイコンTWELITE-トワイライトを使用して猫の行動(モノ)をネットにつなぎました。

ねこったー(猫ツイッター)は、「飼い主が留守中に猫は家で何をしているんだろう?」という疑問を解決するために考案されたシステムです。猫の行動に応じて「走ってるニャン」、「寝てるニャン」、「トイレなう」等と携帯電話にツイートするシステムです。

このシステムでは猫の首輪にTWELITE-トワイライトとセンサーを内蔵し、首輪のセンサーが猫の行動を検出します。そして、その情報をインターネットを介して知ることができます。

「ねこったー」を実際に再現し、Maker Faire Tokyo 2014にて展示紹介しました。

この展示はTV東京 ワールドビジネスサテライト(広がるモノのインターネット)の特集にて紹介されました。

本ページではデモで用いた技術資料一式を公開します。

※ ここで公開した技術資料についてはシステム中にTWELITEを用いる限り、特別な利用制約は設けません。改変を行っても構いませんし、改変後の資料を公開または非公開にすることについての制限もありません。

ねこったー(猫ツイッター)の仕組み

首輪から定期的なビーコン送信をさせることにより、餌場やトイレに内蔵された受信機が受信したビーコンの受信電波強度(LQI)の大きさや有無により大まかなモノの位置(存在検知、近接検知、通過検知)を知ることができます。

本例は猫の行動を検知するものですが、同じ仕組みでその他のモノや人の位置(存在検知、近接検知、通過検知)検知に応用できます。

ねこったー(猫ツイッター)システム構成について

ねこったーの基本構成を解説します。

システムは、猫鈴型センサー(TWELITE および専用基板、複数可)、アクセスポイント(MONOSTICK, 複数可)、親機(Raspberry Pi、MONOSTICK)、インターネット回線です。

餌入れやトイレ等にアクセスポイントを設置します。

  1. 猫鈴型センサーを装着した猫がアクセスポイントに近づきます。
  2. 猫鈴型センサーは定期的にビーコンパケットを送信し、近接のアクセスポイントは相対的に強い電波を受けることになります。これにより猫がアクセスポイントの近傍にいるかどうかを判定します。近傍判定されたアクセスポイントはその情報とともに親機に送信します。
  3. アクセスポイントからの情報を総合し、猫の状態を判断します。その結果をインターネット経由でTwitterなどのクラウドサービスへ展開します。

※ 猫鈴型センサーには加速度センサーが内蔵されており、激しく動いているなどの振る舞いを判定することが出来ます。

※ アクセスポイントは常時給電を推奨します。常に無線モジュールが受信状態になり、電流消費があるためです。

ねこったー(猫ツイッター)猫鈴型センサー

猫鈴型センサーです。首輪は市販品、鈴は3Dプリンターで作成後、塗装用に下地研磨⇒サーフェーサー塗布⇒金色系の塗料(1回~2回)⇒トップコート塗布処理を行っています。プラモデル用の塗料を利用しました。

 

 

 

両面のプリント基板の片側にTWELITEを反対側に加速度センサーを実装しました。モジュールのアンテナは、被覆付きの32mmの導線です。

データ

3Dデータはモデラボからも入手できます。

モデラボ

加速度センサー無線タグ TWELITE 2525A

加速度センサー無線タグ TWELITE 2525Aは「ねこったーモード」に対応しています。電池を入れると動作を開始しますので、工作なしですぐにご使用いただけます。

TWELITE-トワイライトの始め方