導入事例缶サット(模擬人工衛星)

導入事例をご紹介いたします。

東京工業大学附属科学技術高等学校

缶サット(模擬人工衛星)と地上との通信にTWELITEを採用していただきました。

缶サットとはジュース缶サイズの擬似人工衛星です。ロケットで飛ばし回収するこの実験では飛行高度は約1400mに達しました。

高校生機(送信側)から大学生機(受信側)へ3種のセンサーデータを空中で送受するのにTWELITEが使用されています。

長い通信距離と一時的に通信が途絶えた場合も速やかに復旧することをポイントにご選択いただきました。

缶サット
大学缶サット 高校缶サット
缶サット

缶サット(模擬人工衛星)

TWELITE-トワイライト 無線モジュール
TWELITE-トワイライト

採用理由

  • 長距離通信が出来る点
  • 通信が途絶えた時の復旧が速い点

連絡先

H-2Dプロジェクト(東京工業大学附属科学技術高等学校 科学部)

http://www1.hst.titech.ac.jp/club/sci_club/