HACCPとは?|HACCP(ハサップ)の意味

HACCPは"Hazard Analysis and Critical Control Point"の略で危害要因把握と重要管理点と訳されています。読み方はハサップです。HACCP(ハサップ)とは衛生管理の手法で、食中毒や異物混入を防ぐことを目的としています。規定した管理基準に対し正しく実行されているかをモニターし、記録することがHACCP(ハサップ)には重要になります。

HACCP(ハサップ)のモニタリング

HACCP(ハサップ)温度、湿度、照度の管理

HACCP(ハサップ)を実行する際に作業環境の温度、湿度、照度や装置の温度管理が必要になる場合があります。継続的に複数箇所の計器の値を読み取り記録することが必要です。

HACCP(ハサップ)設備、装置、道具の管理

HACCP(ハサップ)を実行する際に設備、装置、道具の使用回数、位置、状態等を管理する必要がある場合があります。継続的にこれらを確認し記録することが必要です。

HACCP(ハサップ)に活用できる無線センサー

HACCP(ハサップ)でモニタリングを実行する際に様々な状態確認が必要になります。しかし、継続的に複数箇所の計器の値を読み取り記録するのは大変です。そのような時に無線センサーによりデータ取集を行うと作業が軽減できます。

TWELITE PAL - トワイライトパルはモノを無線でつなぐための無線タグシステムです。数十メートルから数百メートルの距離で通信ができ、入手性が良く、小型で安価なコイン型電池(CR2032)で年単位の安定動作をします。中継機で通信距離の延長や、通信経路の冗長性も確保でき、工場や倉庫、店舗内への設置にも適しています。

TWELITE PALは環境を知るための温度、湿度、照度センサー、モノの開閉を知るためのマグネットセンサー、モノの動きを知るための加速度センサーのデーターを無線で送信できます。複数のセンサーをパソコンに集約しモニターすることができます。HACCP(ハサップ)で使用すると作業環境や作業工程をモニターし、記録、保存する助けになります。

TWELITE PAL-トワイライトパル
モノの状態を知る。
離れたモノの状態を知る遠隔監視ができます。

モノにセンサーを付けて無線でデータを収集できます。
twelite-pal
モノの無線タグシステム
モノと対話する。
TWELITE PAL
TWELITEとコイン型電池(CR2032)ホルダー、基板アンテナを搭載したモジュールです。専用のソフトウエアを搭載しており、センサーを搭載した拡張PALを装着することで無線センサーを手軽に構成できます。