チップ内蔵温度センサーの読み方

チップ内蔵温度センサーが内蔵されています。ADを読み取り、値を処理します。

    /* E_AHI_ADC_SRC_TEMP 温度センサーで読み取る */
    vAHI_AdcEnable(
    	E_AHI_ADC_SINGLE_SHOT,
        E_AHI_AP_INPUT_RANGE_1, /* 0-Vref (=1.2Vレンジ) */
        E_AHI_ADC_SRC_TEMP);
    vAHI_AdcStartSample(); // ADC開始
        
    /* ... ADC 完了後 (割り込み受信後、暫く待つなど) */
    
    /* AD値を読みだす */
    uint16 u16AdcValue = u16AHI_AdcRead();

    /* 温度に変換します */
    float fTemperatureC = 25 - (((int16)(u16AdcValue - 2560U)) / 5.46F);
    

※ float の演算ライブラリはバイナリサイズを増大させるため、整数演算化する事をお勧めします。
※ より精度を求める場合は、1点キャリブレーションを実施します。25℃におけるAD値を計算しておいて ソース中の 2560U (25℃のAD基準値)と差し替えます。予めフラッシュなどに保存しておき、起動時に読み出します。

 

 

 

 

 

製品

TWELITE
TWELITE
DIP
DIP
UART
UART
CUE
CUE
ARIA
ARIA
PAL
PAL
STICK
STICK
spot
SPOT
R3
R3
STARTER KIT
STARTER KIT
アンテナ
アンテナ
製品一覧
製品一覧

モノをつなぐ無線

モノをつなぐ無線
モノの無線
導入事例
導入事例
選び方
選び方
小型
小型
省電力
省電力
多数接続
多数接続
コントロール
コントロール
モニタリング
モニタリング
ソフトウエア
ソフトウエア
親機
親機
中継機
中継機
子機
子機
始め方
始め方

評価開発環境

STAGE
STAGE
STAGE APP
STAGE APP
TWELITE APPS
TWELITE APPS
interactive
アプリ設定
アプリ書換
アプリ書換
プログラミング
プログラミング