TWELITE SWING サンプル - ビーコン

TWELITE SWING(子機)を振った時にどの中継機に近いかを判定できます。

子機と中継機の間の電波強度を読み取り、人や動物、モノなど位置を推定できます。

機能

TWELITE SWINGを振るとRaspberry Pi から下記のように出力されます。

pi@raspberrypi:~/beacon_demo $ python beacon_demo.py
MONOWIRELESS beacon demo Ver.1.0.0
1027AAE : 1. 100474F 183 , 2. 0000000 180
1027AAE : 1. 0000000 186 , 2. 100474F 171
1027AAE : 1. 0000000 186 , 2. 100474F 171
1027AAE : 1. 0000000 183 , 2. 100474F 183
1027AAE : 1. 0000000 186 , 2. 100474F 174
1027AAE : 1. 100474F 177 , 2. 0000000 174
1027AAE : 1. 0000000 189 , 2. 100474F 186
1027AAE : 1. 0000000 192 , 2. 100474F 183
1027AAE : 1. 100474F 183 , 2. 0000000 177
1027AAE : 1. 100474F 183 , 2. 0000000 174
1027AAE : 1. 0000000 177 , 2. 100474F 174
1027AAE : 1. 100474F 132 , 2. 0000000 96
1027AAE : 1. 0000000 147 , 2. 100474F 135
1027AAE : 1. 0000000 216 , 2. 100474F 201
1027AAE : 1. 0000000 213 , 2. 100474F 201
1027AAE : 1. 0000000 213 , 2. 100474F 192

このデータの意味は下記の通りです。
TWELITE SWING内のTWELITEのSID : 1. 最も電波強度が強いTWELITEのSID LQI , 2. 2番目に電波強度が強いTWELITEのSID LQI , …

終了する場合はCtrl+Cを入力してください。

LQIとは電波品質を表す値で最大値は255

用意するもの

親機の準備

  1. 下記ファームウェア(無線タグアプリの親機用のファームウェア)をMONOSTICKに書き込む。

    App_Tag_Parent_*_MONOSTICK.bin

  2. Raspberry PiのUSBポートにMONOSTICKを接続する。
  3. 下記ファイルをRaspberry Pi の /home/pi/Downloads に以下のファイルをダウンロードして置く。

    beacon_demo.tar

  4. Konsole を開き、下記コマンドを実行する。

    $ tar xvf Downloads/beacon_demo.tar
    $ cd beacon_demo
    $ python beacon_demo.py

  5. 正常に実行されると下記のようなメッセージが出力されます。

    pi@raspberrypi:~/beacon_demo $ python beacon_demo.py
    MONOWIRELESS beacon demo Ver.1.0.0

  6. 下記のような出力がされた場合はMONOSTICKが正しく接続されているか確認する。

    pi@raspberrypi:~/beacon_demo $ python beacon_demo.py
    MONOWIRELESS beacon demo Ver.1.0.0
    Device not found...

中継機の準備

  1. 下記ファームウェア(無線タグアプリの中継機用のファームウェア)をMONOSTICKに書き込む。

    App_Tag_Router_*.bin

  2. ファームウェアを書き換えたMONOSTICKを設置し、電源を入れる。

子機(TWELITE SWING)の準備

D1をGND(電源のマイナス側)と接続する。(この接続により「無線タグアプリ」が親機に設定される)