加速度センサ(ADXL34x)の通常モードを使用する

本モードは 都度加速度データを送信するので、FIFOモードと比較して低サンプリング周波数ではあるものの、ほぼリアルタイムで加速度の取得が可能となります。そのため、タップなどのイベントが発生したときの瞬時値を計測したい場合や数分間隔で長期的に加速度を計測したい場合には本モードがおすすめです。

本モードを使用される場合にはインタラクティブモードにて、センサモード(m)を0x35、センサ固有のパラメータ(p)を0~15または512に設定してください。

親機のUART出力

子機で得られたセンサ情報を親機の出力形式別に説明します。

 

標準出力形式

親機が初期設定の場合、子機からセンサ情報を受信したとき、ターミナルソフトは以下のように表示されます。

::rc=80000000:lq=135:ct=0009:ed=810043C1:id=0:ba=3060:a1=1136:a2=0651:x=0004:y=-001:z=0096

このデータは以下のような情報が記述されています。

セミコロン区切り(SimpleTag v3)形式

親機の設定をインタラクティブモードでオプションビットを0x00000020に変更することで以下のようにパソコンで処理しやすい表示形式に変更することができます。

;3313;00000000;117;001;1021369;3440;0000;0000;1097;0658;X;0000;0092;-044;
;*1  ;*2      ;*3 ;*4 ;*5     ;*6  ;*7  ;*8  ;*9  ;*10 ;*11;*12;*13;*14 ;

このデータは以下のような情報が記述されています。

カンマ区切り形式

親機の設定をインタラクティブモードでオプションビットを0x00000040に変更することでTeratermなどでログを保存したときにExcelなどの表計算ソフトで読み込みやすい表示形式に変更することができます。

,3313,	00000000,117,001,	1021369,3440,0000,0000,1097,0658,X,0000,0092,-044,
,*1  ,*2      	,*3 ,*4 ,*5            ,*6  ,*7  ,*8  ,*9  ,*10 ,*11,*12,*13,*14 ,

このデータは以下のような情報が記述されています。

書式形式(アスキー)形式

親機の設定をインタラクティブモードでオプションビットを0x00000100に変更することで以下のようにパソコンで処理しやすい表示形式に変更することができます。

:80000000960001810213690035EA04490292000000005CFFD4BB
 ^^^^^^^1^2^^^3^^^^^^^4^5^6^7^^^8^^^9^a^^^b^^^c^^^d^e

このデータは以下のような情報が記述されています。

書式形式(バイナリ)形式

親機の設定をインタラクティブモードでオプションビットを0x00000300に変更することで以下のようにパソコンで処理しやすい表示形式に変更することができます。

A5 5A 80 19 80 00 00 00 8A 00 01 81 02 13 69 00 35 EA 04 49 02 92 00 00 00 00 5C FF D4 87 04

このデータは以下のような情報が記述されています。