最大接続数

TWELITE NET では、物理的な接続台数に制限はございません。 しかし、良好な通信を行うために以下について考慮していただく必要があります。

これらを考慮しない場合、受信率の低下や受信したパケットを識別できなくなる恐れがあるので、以下の対策をご一読ください。

スループットに対する対策

複数の送信機が存在する場合に送信タイミングが十分にランダムである場合(例えば人が操作したときに送信される場合など)は問題になることは少ないですが、定期的にセンサの値を送信する場合は通信の輻輳などの影響により受信機となるTWELITEが電波を受信できなくなることが多くなります。 そのため、輻輳などによる影響を少なくするためにアプリの改修や設定を変更して下記のような対策を組み合わせて使用されることを推奨します。

定期的な送信を行う場合は送信間隔を長めに設定する

送信間隔の目安は 送信機の台数*100ms 以上を推奨します。 例えば、10台の送信機を使用したい場合は送信間隔を 10*100ms = 1秒(1000ms) 以上に設定してください。 逆に1分に1度程度、データが得られれば良い場合は、60000ms/100ms = 600台 以下であれば輻輳などの影響が少なくすることができます。

送信前にランダムな遅延を入れる

TWELITEの送信前の遅延やスリープ時間をある程度ランダムにすることで、複数の送信機の電波の出力タイミングの同期や通信の輻輳などの影響を少なくすることができます。 例えば、無線タグアプリでは送信間隔を最大±10%程度ブレさせる機能がございます。

通信チャネルをグループごとに分ける

通信チャネルの異なるグループを複数作成すれば、1通信チャネル当たりのスループットが増えるため、送信間隔を短くすることができます。
例:11chの受信機、18chの受信機、26chの受信機を用意し、送信機の通信チャネルを 11、18、26ch に振り分けてグループを3つ作成する。

アドレスに対する対策

論理デバイスIDやショートアドレスなどは設定可能な範囲が定められているため、使用する台数によってはIDなどの重複が発生し、個体を識別できなくなる可能性があります。そのため、通信で使用するIDやアドレスを適切に選択する必要があります。通信に使用できるアドレスのそれぞれの特長を以下に示します。