プロンプト無しチャットモード(透過モード:ブロードキャスティング)

iot無線モジュール

チャットモードに対し、エコーバックやプロンプト表示がないためマイコンとの通信に適しています。

連続して入力された文字列を1パケット(最大80バイト)として送信します。

通信はブロードキャストで行われます。アスキーまたはバイナリデータの送信が可能です。

中継は最大3段(3ホップ)まで対応しています。初期設定では中継はしません。中継機能を使用する場合はインタラクティブモードにて設定が必要です。

プロンプト無しチャットモード(透過モード:ブロードキャスティング)はインタラクティブモードにてUARTモード(m)をDに設定します。

送信可能文字数

1パケットの最大送信文字数は80バイトです。

データサイズが80バイトを超えた場合は80バイト毎のパケット分割機構が働きますが、80バイト以上の一括送信は通信安定性の面で推奨しません。

送信トリガー

本モードで、パケット送信の引き金となるのは以下です。インタラクティブモードで設定します。

インタラクティブモードでの設定方法

インタラクティブモードでは、以下の設定が可能です。

インタラクティブモードではUART modeをDに設定するとset Tx Triggerのメニューが表示されます。例えば0a,8,30と設定するとCRをトリガー文字にし、最小データは8バイト、30msのタイムアウトを設定します。

 m: set UART mode (D)
 k: set Tx Trigger (sep=0x0a, min_bytes=8 dly=30[ms])
 o: set option bits (0x00000100)

送信タイミングについて

送信元の区別

中継機能の説明

通信距離が足りない場合や障害物があって通信できない場合に中継機を使用することで通信距離を延長したり通信範囲を拡張することが期待できます。

中継機能を持った端末は受信したパケットをそのまま送信します。

設定方法

M2ピンをGNDに接続すると1ホップの中継機能が設定されます。インタラクティブモードで1ホップ以上の中継機能の設定もできます。

中継機能を使用する場合はインタラクティブモードで”r”を入力し、set Roleの値を1~3に設定してください。初期値は0です。

r: set Role (0x0)

1~3は最大中継回数です。0を設定すると中継しません。中継機は受信したパケットをそのまま送信します。中継回数が指定数になるまで中継を繰り返します。

※ 設定は子機のみに有効です。
※ 中継機の配置や数によっては多数の複製パケットが乱造され通信が不安定になる場合がありますのでご注意ください。

設定例

図のようなネットワーク構成にする場合は赤色の端末のRoleを0に青色の端末のRoleを3に設定してください。

青色の端末は最大3ホップの中継機能を持ちます。よって、赤色の端末の間に最大3台の中継端末を入れることができます。

中継機能を持つ端末の通信範囲内に他の端末がある場合は同様に中継します。