ワイヤレスセンサーネットワークとは

ざまりんワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)とは、多数の無線センサを配置し、無線センサからの情報を収集するためのものです。無線を使用することにより配線の必要が無くなりケーブルや敷設の費用が節約できます。また、従来は設置場所の制約や費用の問題で実現できなかったセンサーネットワークを無線化することにより構築可能です。

ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)での計測データや計測場所は非常に幅広く様々です。

ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)はM2MHEMS、BEMS、CEMS、FEMSモノのインターネット(Internet of Things)等に必須の技術です。

ワイヤレスセンサーネットワーク適用例

IEEE802.15.4無線モジュールTWE-LITEをお使いになれば、様々な場所でワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)を構築できます。

ワイヤレスセンサーネットワーク形態

ワイヤレスセンサーネットワーク

ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)を構築する際のネットワーク形態(トポロジー)は、1対1型、スター型、ツリー型、メッシュ型、リニア型があります。

スター型ネットワーク

スター型は1つのコーディネーターと複数エンドデバイスで構成され、1対Nの星型にセンサーネットワークを構成します。

ツリー型ネットワーク

ツリー型は1つのコーディネーターと複数のルータやエンドデバイスで構成され、木の枝の型にセンサーネットワークを構成します。

メッシュ型ネットワーク

メッシュ型はコーディネーター、ルーターがほかの端末と網目状に接続され、複数の通信路を生成できます。各端末のデータはバケツリレーのように中継しますが、ある通信路に障害が発生すると、自動的に別のルータを迂回して通信を継続できます。

リニア型ネットワーク

リニア型は、一列線形にセンサーネットワークを構成します。真珠の首飾りに似ていることからパールネットワークとも呼ばれます。

 

ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)を構築する際のネットワーク形態(トポロジー)は、お客様のアプリケーションに最適なものを選択します。IEEE802.15.4無線モジュールTWE-LITEでは、上記のような幅広い選択肢を提供します。

ワイヤレスセンサーネットワーク向けの無線規格

ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)を構築する際に必須となる無線モジュールに要求される条件は以下の通りです。

これらの要求を満たすために策定された無線規格がIEEE802.15.4です。IEEE802.15.4はワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)の構築を目的としており、無線センサ通信に最も適した国際規格となっております。国際標準規格ですので一社に依存しないため、製品の安定供給を担保できます。更に価格競争力の面でも有利です。

IEEE802.15.4のワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)に特化しているポイントは以下の通りです。

IEEE802.15.4

IEEE802.15.4無線モジュールTWE-LITEは、各種センサの無線化に便利な無線モジュールです。ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)を構築する機器の開発をする際にお役立て下さい。

”モノ”をつなぐ無線マイコン TWE-LITE(トワイライト):DIY(電子工作のすすめ)

リモコンで何かを操作したいとか何かを監視したいことは日常に数多くあると思います。離れた"モノ"の状態を知りたい場合や離れた"モノ"を操作したい場合には無線が適しています。しかし、"モノ"を無線化する場合には電池寿命、通信距離、同時通信数、大きさ等の様々な制約があり従来の無線では実現が困難でした。 そこで"モノ"をつなぐための無線が誕生しました。

弊社はワイヤレスセンサーネットワークの構築に最適な”モノ”をつなぐ無線マイコン TWE-LITE(トワイライト)をご提供しており、お客様の機器の通信機能開発の簡素化と早期市場投入のお手伝いをいたします。

無線を使って各種センサーの情報を無線で収集するための装置や、各種リモコンを作成したいが、ハードルが高すぎるという方に無線機能を手軽にご使用いただくことを目的としています。TWE-LITE DIP(トワイライト・ディップ)を使用して手軽に無線機能を手に入れることができます。

ホビーや学習用途から各種試作や小ロット量産まで対応し幅広いユーザーにご使用いただけます。

”モノ”をつなぐ無線マイコン

IEEE802.15.4無線モジュール

”モノ”をつなぐ無線マイコン TWE-LITE(トワイライト)はワイヤレスセンサーネットワークを構築する上での無線モジュールへの要件である、超小型、低消費電力、安定通信を満たすことができます。>>詳細

ホビーに、試作に、学習に

IEEE802.15.4/無線モジュール

超簡単!無線マイコン TWE-LITE DIPを使用すれば簡単に電子工作ができ、短時間で試作やデモを作成できます。学習用にも最適です。>>詳細

モノの動きをキャッチ

(Internet of Things : IoT)

IoT無線タグ TWE-LITE-2525A(トワイライトニコニコ)は早期にシステムを開発するための加速度センサー内蔵の小型無線タグです。コイン型電池で年単位の動作も可能な無線タグです。>>詳細

USBにつなぐ

”モノ”をつなぐ無線マイコン TWE-LITE(トワイライト)のネットワークをインターネットへ容易に接続するためのUSBドングル MONOSTICK(モノスティック)もご利用できます。パソコンやタブレット、スマートフォンに簡単に接続できます。 >>詳細

ワイヤレスセンサーネットワーク向け電源技術


ゆれる力で電波を飛ばす

振動発電無線タグ開発キット TWE-LITE SWING(トワイライト・スウィング)は振動で発電するバッテリーレスの無線タグを開発するためのキットです。>>詳細

光の力で電波を飛ばす

IoT:Internet of things

エナジーハーベスト(環境発電)電源管理モジュール
TWE-EH-SOLAR

超小型ソーラーパネルで電池不要の無線センサーや無線スイッチを実現できます。>>詳細

ソフトウエア

ソフトウエア開発なしですぐに使用可能なTWE-APPS(アプリ各種)をご用意しております。>>詳細

書籍

ステップバイステップで電子工作を始めませんか?

>>詳細

ワイヤレスセンサーネットワーク向けアンテナ

アンテナは忘れられがちですが無線通信にとってアンテナはとても重要です。アンテナの位置と向きが通信に大きく影響します。

通常のアンテナはお互いの向きを揃えないと感度が悪くなります。これは電波の波のゆれる向き(偏波)が異なってしまうためです。しかし、センサーネットワーク向けの用途ではセンサーの設置条件によってはアンテナの向きを揃えることが困難ですし、ウエアラブル端末のように移動している無線端末の場合はアンテナの方向は不定です。

この問題を解決するためにセンサーネットワーク向けの両偏波パッチアンテナを開発しました。様々なモノが無線機能を持つ「IoT/M2M時代」に適したアンテナです。両偏波パッチアンテナは相手側のアンテナの向きが垂直でも水平でも良好な感度で通信できるため、様々なモノとの通信や移動端末との通信に最適なアンテナです。

モノをつなぐ無線