IoTとは?|IoT:Internet of Things(モノのインターネット)の意味

「IoT」という言葉が最近よく使われるようになりました。しかし、「IoTって何?」とIoTの意味をまだご存知でない方も多いと思います。そこで、IoTとは何か、IoTで何が実現できるのかを例を用いできるだけ簡単にわかりやすくご説明いたします。

   

IoTとはモノをインターネットにつなぐことです。IoTは"Internet of Things"の略でモノのインターネットと訳されています。読み方はアイオーティーです。IoT:Internet of Things(モノのインターネット)とはモノがインターネット経由で通信することを意味します。

IoT:Internet of Things(モノのインターネット)という言葉ができる以前、インターネットはコンピュータ同士を接続するためのものでした。よって、従来は主にパソコンやサーバー等のIT関連機器が接続されていました。しかし、現在ではスマートフォンやタブレット端末も接続されています。テレビやデジタルカメラ、デジタルレコーダーや最近話題のスマートスピーカー等のデジタル情報家電をインターネットに接続する流れは増加しています。デジタル化された映像、音楽、音声、写真、文字情報や様々なデーターがインターネットを介して伝達されるシーンがますます増えて行くでしょう。

このように世界中に張り巡らされたインターネットはあらゆるモノがコミュニケーションをするための情報伝送路になりつつあります。

そして、今までインターネットにつながっていなかったモノをつなぐことをIoT:Internet of Things(モノのインターネット)と呼んでいます。

IoT:Internet of Things(モノのインターネット)という手段で何を目的とするかの定義はなく、様々な応用例が考えられます。

目次
IoTとは

IoTにより実現できること

様々なモノ、機械、人間の行動や自然現象は膨大な情報を生成しています。これらの情報を収集して可視化することができれば様々な問題が解決できます。見ることや聞くこと触ることができる情報はもちろんですが、それらができない情報もセンサーにより数値化され収集可能になります。IoTのThings(モノ)はこれを意味します。

モノとは物理的に存在する物だけを指すのではなく、自然の現象や生物の行動等を含んでいます。

モノをインターネットにつなぐことにより。以下を実現します。