「どこでも」チャット

MoNoStickMONOSTICK(モノスティック)をパソコンやスマートフォン、タブレット端末のUSBポートに接続することで複数の端末同士でテキストチャットをすることができます。

イーサーネットやWiFi等のネットワーク環境が無い場所でもどこでも無料でテキストチャットが行えます。

 

アプリの書換え

MONOSTICK(モノスティック)は初期状態では「超簡単!TWEアプリ」がインストールされています。今回の使用例では「シリアル通信専用アプリ」に書き換える必要があります。アプリの書換えは「TWE-LITE専用プログラマ」で簡単に行えます。

使用方法

  1. パソコンを2台以上用意して下さい。
  2. それぞれのパソコンのUSBポートにMONOSTICK(モノスティック)を接続して下さい。
  3. 接続しているシリアルポート名(Windows では COMポート)を調べて設定して下さい。(Windows の場合はデバイスマネージャを用いるのが簡単です。)
  4. それぞれのパソコン上でターミナルソフトウエア( TeraTerm等)を起動して下さい。
  5. ターミナルソフトウエアの通信設定を「115200bps/8bit/パリティ無し/ストップビット1/フロー制御なし」にして下さい。
  6. ローカルエコーは OFF に設定してください。
  7. キーボードから文字を入力するとMONOSTICK(モノスティック)が接続された全てのパソコンのターミナルソフトウエア上に表示されます。

ハンドルネーム(名前)の設定

初期状態ではハンドルネーム(名前)は「8xxxxxxx:0>」のようにシリアル番号が設定されています。最後の数字は発言回数を表し、発言毎に1つ増え255になると0に戻ります。

ハンドルネーム(名前)は任意の名前に変更することが出来ます。例えば「MONOW」と設定した場合はプロンプトが「MONOW:0>」と言う表示になり誰からのメッセージか、わかりやすくなります。

インタラクティブモードに入ると以下のような画面が表示されます。

--- CONFIG/TWE UART APP V1-00-0/SID=0x81001f57/LID=0x78 ---
a: set Application ID (0x67720103)
i: set Device ID (--)
c: set Channels (18)
o: set Output Tx Power (3)
r: set Role (0x0)
b: set UART baud (38400)
p: set parity (N)
m: set uart mode (C)
h: set handle name []
C: set crypt mode (0)
K: set crypt key []
---
S: save Configuration
R: reset to Defaults

  1. hを入力すると”Input handle name:”と表示されますので、好みのハンドルネーム(名前)を入力して下さい。
  2. Sを入力して変更内容をセーブしてください。

複数のグループで使用する場合

初期状態ではアプリケーションIDは(0x67720103)で周波数チャンネルは18chです。アプリケーションIDと周波数チャンネルの両方の値が同じ場合に通信が可能になるので、通信範囲にあるパソコン全てにメッセージが伝わります。相手を特定せずにチャットを楽しむことが出来ます。

特定のグループ内でのみチャットを行いたい場合は、アプリケーションIDと周波数チャンネルの値をグループ毎に変えることで複数のグループで混信せずにメッセージのやり取りができます。

周波数チャンネルを変更する

アプリケーションIDを変更する

暗号化の設定

アプリケーションIDと周波数チャンネルの両方の値が同じ場合に通信が可能になるので、両方の値が同じユーザーのみメッセージを見ることができます。更にアプリケーションIDと周波数チャンネルが同じでも暗号化を設定することで許可されたユーザー以外がメッセージを見ることができなくなります。