USBアダプター TWE-Lite R

USBアダプター

アプリの設定、書き込みに

TWE-Lite R(トワイ・ライター)はTWE-Lite DIP(トワイライト・ディップ)にUSB接続するためのアダプターです。パソコンからUSB接続でTWE-Lite DIPと通信することができます。

TWE-Lite R(トワイ・ライター)を使用すると以下のことができます。

 

製品名:TWE-Lite R(トワイ・ライター)
製品型番:TWE-LITE-R
JANコード:4589512170037

アプリの詳細設定

 

説明動画 (再生時間:2分55秒)

アプリの書換

専用の書き込みソフトウエアでUSB接続でパソコンからTWE-Lite DIP内蔵のフラッシュメモリーに簡単にアプリを転送することができます。アプリを更新し機能追加することや、他のアプリや自作アプリを書き込むことができます。(応用編

 

アプリ書き込み説明動画 (再生時間:2分59秒)

シリアル通信

USBを介してTWE-Lite DIPとシリアル通信をすることができます。(上級編

外形

マイクロUSBコネクター

USBケーブルでパソコン等と接続してください。充電専用のUSBケーブル(電源線のみで信号線が接続されていない)は使用できませんのでご注意ください。

TWE-Lite DIP接続コネクター

TWE-Lite DIPを向きに注意して接続してください。逆向きに接続した場合はTWE-Lite DIPが発熱し故障の原因になります。

接続方向マーク

TWE-Lite DIPを接続する方向を示すマークです。

USB電源スイッチ

TWE-Liteへの電源の供給を選択するスイッチです。USB電源を使用する場合はスイッチを写真の位置(ON)にしてください。外部から電源を供給する場合はスイッチを反対側(OFF)に接続してください。

USB電源がONの時はUSBの入力電源5Vが3.3Vに変換され、TWE-Lite DIPに給電します。USB電源がOFFの時はTWE-Lite DIPに給電しません。

TWE-Lite DIPの最大消費電流は約20mAです。TWE-Lite Rの最大供給可能電流は 35mA ですので、TWE-Lite DIP以外にLED等の他のデバイスを接続する場合は合計消費電流が最大値を超えないようにしてください。 (詳細はFTDI社 FT232RQデータシート参照)消費電流が定格以上の場合はUSB電源をOFFにして他の電源を使用してください。

プログラムボタン(PRG)

リセットボタンを押しながら電源を入れるかリセットボタンを押すとTWE-Lite DIPがプログラムモードに入ります。使用方法は以下の「書き込み用ソフトウエア」の説明をご参照ください。

リセットボタン(RST)

リセットボタンを押すとTWE-Lite DIPがリセットし、電源投入時と同じ状態になります。

使用例

使用例A

オーソドックスな使用方法です。

使用例B

ブレッドボード上でTWE-Lite DIPの周辺回路を構成した状態で動作の確認をしながらソフトウエアの書き換えが行えます。

裏面に14Pピンヘッダを二箇所に半田付けしてください。

使用例C

TWE-Lite DIPがブレッドボードや基板に付いた状態でソフトウエアの書き込みが行えます。TWE-Lite DIPに電源が供給されている場合はUSBからは供給しないでください。

Lアングルの5Pピンヘッダを半田付けしてください。

デバイスドライバのインストール

TWE-Lite-Rは、PC上で動作する各種OS(Windows, Linux, Mac OS X)に対応したFTDI社FT-232R が搭載されています。デバイスドライバは以下より入手してください。
http://www.ftdichip.com/
(Windows7 以降は、多くの場合ドライバのインストールは不要ですが、COM ポートが認識しない場合はドライバを導入してください)

※ デバイスドライバを導入する際に、TWE-Lite-RをUSBポートに接続する必要がある場合はTWE-Lite DIPを外した状態で行ってください。

※ 多くの場合ドライバのインストールは不要ですが、COM ポートが認識されない場合はFTDI社FT-232Rドライバを導入してください。ご使用のパソコンによってはドライバが正常にインストールできない場合や期待通りに動作しない場合があるようですのでご注意ください。

シリアルポートデバイスの確認

TWE-Lite-RをUSBケーブルでUSBポートに接続します。(充電専用のUSBケーブルは使用できません。)この時点ではTWE-Lite DIPは接続しないでください。

調べたシリアルポートの動作確認はターミナルなどのアプリケーションを使用し、ループバックテスト(折り返しテスト)で行う事ができます。TWE-Lite-Rのリセットボタン近くのスルーホールのTXとRXをクリップなどでショート接続した状態でターミナルに入力した文字がそのまま表示されれば正常です。

接続の確認

TWE-Lite-RをUSBポートから抜いて、TWE-Lite DIPと接続します。接続方法は以下の2通りがあります。

a. TWE-Lite DIPと同じ28pinで接続する方法(使用例A、B)
b. リセットボタン近くの5つのスルーホールで接続する方法(使用例C)

a.では前述のように使い方に応じてUSB電源ON/OFFを設定します。以下の使い方は故障の原因になりますので行わないでください。
× USB電源ONの時に、TWE-Lite DIPに他の電源を接続して使用する。
× USB電源OFFの時に、TWE-Lite DIPに他の電源を接続しないで使用する。
b.ではTWE-Lite DIPに他の電源を接続してください。

以下の手順で接続・電源投入を行ってください。

注意事項

書き込み用ソフトウエア

TWE-Lite DIP にアプリを書き込むために以下のソフトウエアを使用します。

GUIアプリ

TWE-Liteプログラマ

ファイルをドラッグアンドドロップするだけで簡単に書込みができます。Window専用です。

コマンドラインアプリ

jenprogプログラマ

Windows、Linux、OS Xに対応しています。Linux、OS Xを使用する場合はPython環境(Python2.7およびPyserial2.6)が必要です。Windows上ではそのまま動作します。

アプリケーションソフトウエア

TWE-Zeroアプリ

資料

マニュアル

メディア紹介記事

EDN Japan

取扱店

下記の店頭またはネットショップでご購入いただけます。