MW-A-P2525実装の手引き

MW-A-P2525は一般のダイポールアンテナに近い特性で利用することができます。

本アンテナは加速度センサー無線タグ TWELITE 2525Aに用いられているアンテナですが、コイン電池ではなく単4電池を使用した場合も以下の手引きに従うことで良好な性能を発揮できます。以下に実装例を紹介します。

本アンテナを用いた TWELITE 2525A は人体に装着したり、壁などに貼り付ける場合も想定していますが、アンテナ近傍の人体や壁に大きく影響を受けるため本書記載の特性とは異なります。アンテナ性能に影響を与える物体が近くにある場合や設置方向が一定しない場合は、通信品質の推測は一般に困難です。十分な評価を行うことをお勧めします。

親機のアンテナとMW-A-P2525の設置方法

本例ではMW-A-P2525の通信相手を親機とし、一般的なダイポールアンテナのMW-A-D114、MW-A-D85等を直立させ使用します。MW-A-P2525の向きに注意してください。

MW-A-P2525

MW-A-P2525を実装基板に実装する例

本例では、TWELITE 無線マイコンモジュールをプリント基板に実装し、MW-A-P2525アンテナを装着するプリント基板を作製し、下記ケース(タカチ工業社製 SW-130B: 130x40x25mm)に収めることを想定しています。

MW-A-P2525

実装時の注意点

MW-A-P2525

MW-A-P2525と乾電池・ベタGNDの位置関係による指向の変化

指向性の測定方法

MW-A-P2525

MW-A-P2525が電池と同じ面にある場合

実装図

指向性測定結果

MW-A-P2525

※  グラフ中の単位は[dB]で、 0dBは2dBi相当

MW-A-P2525が電池糸異なる面にある場合

実装図

MW-A-P2525

指向性測定結果

※  グラフ中の単位は[dB] で、0dBは2dBi相当です。

考察

実装基板上の部品や配線、基盤を収めるケース(材質、基板との位置関係など)は、全てアンテナ性能に影響する可能性があります。本手引きはこれらの影響を出来るだけ小さくするよう想定して作製しましたが、実際のアンテナ性能とは異なる場合があります。

アンテナ性能評価サービス

当社ではアンテナ性能評価サービスをご案内しております。基板設計前、試作基板完了後にご依頼いただくくことをお勧めいたします。