LQI値から電界強度[dBm]の推定

LQIとは電波通信品質を示す値です。0から255までの数値で表されます。

ちなみに、いくつかの段階で評価する場合は、50未満(悪い -80dbm 未満)、50~100(やや悪い)、100~150(良好)、150以上(アンテナの近傍)といった区分けも可能です。これらは目安である点にご留意ください。

あくまでも目安としてですが、以下の計算式が適用できます。

PdBm=(7*LQI-1970)/20
例:LQI値(0-255)が125の時、約-54.75dBm