ToCoStick(トコスティック)

ToCoStick(トコスティック)

ToCoStick(トコスティック)は生産を終了いたしました。後継のMoNoStick(モノスティック)をご覧ください。

ToCoStick(トコスティック)はUSBで機器に手軽に簡単に接続できるUSBドングルです。

無線モジュールTWE-Liteとパソコン、タブレット、スマートフォン等がUSB接続でシリアル通信できます。

パソコン、タブレット、スマートフォン上のアプリで無線モジュールTWE-Liteを操作したり、センサデータ情報を収集したりできます。

また、ToCoStick(トコスティック)をコンパクトな中継機として使用できます。

 

製品名:ToCoStick(トコスティック)
製品型番:TWE-Lite-USB-C(ケース色:クリア)
製品型番:TWE-Lite-USB-G(ケース色:グレー)

特徴

外観

無線モジュール

各部の説明

無線モジュール

ToCoStick(トコスティック)をUSBポートに接続し電源が入ると、緑のLEDが点灯します。

相手側の端末からの制御でデジタル出力1(DO1)とPWM出力3(PWM3)に接続されたLEDを点灯・消灯させることが出来ます。

※これは超簡単!TWEアプリでの割り当てです。実際のハードウエア接続は赤LED(DIO16)、黄色LED(PWM3)ですのでご注意ください。

接続例

ToCoStick(トコスティック)のUSBコネクタはAタイプ オスです。機器に接続の際は必要に応じて変換コネクタ、ケーブルをご使用下さい。

スマートフォン

無線モジュール

タブレット端末

L型のUSBコネクタを使用するとコンパクトになり便利です。

無線モジュール無線モジュール

パソコン

以下のように垂直に立てた時にアンテナの感度が最大になります。

見通しで、高い場所にアンテナを設置すると通信環境が良くなります。必要に応じてUSB延長ケーブルで最適な場所にアンテナを設置して下さい。

無線モジュールiot無線モジュール

ボードマイコン

FTDI USBドライバにより、シリアルポートとして容易に制御できます。

無線モジュール

機能

ToCoStick(トコスティック)とTWE-Lite(トワイライト)により、以下を実現できます。

無線モジュール

遠隔制御(リモートコントロール)

離れた"モノ"を操作する

ToCoStick(トコスティック)をパソコンやスマートフォン、タブレット端末のUSBポートに接続することで親機として複数のTWE-Lite DIP(トワイライト・ディップ)を遠隔制御することができます。

パソコン、スマートフォン、タブレットをリモコン端末として使用する

無線モジュール

TWE-Lite DIP(トワイライト・ディップ)にLED、モーター、ファン、ブザー、リレー等の様々なデバイスを接続してパソコンやスマートフォン、タブレット端末から制御できます。

超簡単!TWEアプリを使用するとデジタル出力4ポート、PWM出力4ポート、I2C出力を制御できます。

リモコン通信専用アプリを使用するとデジタル出力12ポートを制御できます。

無線モジュール

 

遠隔監視(リモートモニタリング)

離れた"モノ"の状態を知る

ToCoStick(トコスティック)をパソコンやスマートフォン、タブレット端末のUSBポートに接続することで親機として複数のTWE-Lite DIP(トワイライト・ディップ)を遠隔監視することができます。

パソコン、スマートフォン、タブレットをモニター端末として使用する

無線モジュール無線モジュール

TWE-Lite DIP(トワイライト・ディップ)に様々なセンサーを接続してパソコンやスマートフォン、タブレット端末で、 監視できます。

超簡単!TWEアプリを使用するとデジタル入力4ポート、アナログ入力4ポート、I2C入力を監視できます。

無線タグアプリを使用すると超低消費電力で動作する各種センサやスイッチの情報を監視できます。

リモコン通信専用アプリを使用するとデジタル入力12ポートを監視できます。

無線モジュール

任意データ送受信

離れた"モノ"同士で対話する

ToCoStick(トコスティック)をパソコンやスマートフォン、タブレット端末のUSBポートに接続することで、パソコンやスマートフォン、タブレット端末同士で通信ができます。

超簡単!TWEアプリを使用するとショートメッセージを送受信できます。

シリアル通信専用アプリを使用するとショートテキストメッセージに加え、バイナリ、アスキーファイルの送受信ができます。

無線モジュール

中継機として使用する

ToCoStick(トコスティック)を中継機にすることにより、通信距離の延長や信頼性の向上をさせることが出来ます。

無線モジュール