システム構成

TWE-Lite DIP

TWE-LITE(トワイライト)のシステム構成例です。

親機と子機に外部マイコンを接続する場合

無線モジュール図のように親機側(左)、子機側(右)の両方に外部マイコンをUARTで接続し、周辺デバイスを子機側の外部マイコンに接続する場合のシステム構成例です。

センサ、LED等の制御は外部のマイコンで制御します。TWE-LITE(トワイライト)にApp_Uart (シリアル通信アプリ)をダウンロードして使用すると、外部マイコンから無線区間をシリアル通信として扱えます。

長所:
既存の装置を無線化する場合や使い慣れたマイコンで開発を行えるため便利です。

短所:
外部マイコンが必要なため、コスト、サイズ、消費電力が増加します。

親機に外部マイコンを接続する場合

無線モジュール図のように親機側(左)に外部マイコンをUARTで接続し、子機側の周辺デバイスをTWE-LITE(トワイライト)に接続する場合のシステム構成例です。

TWE-LITE(トワイライト)に標準でダウンロードされている超簡単!TWEアプリを使用すると外部マイコンから簡単にを周辺デバイスを制御できます。

長所:
子機側の外部マイコンが省略できます。
親機側で受信データを処理したり、LCDに表示させたりする場合に使い慣れたマイコンで開発を行えるため便利です。

短所:
親機側に外部マイコンが必要なため、コスト、サイズ、消費電力が増加します。

外部マイコンを接続しない場合

無線モジュール図のように親機側(左)はTWE-LITE(トワイライト)のみで、子機側(右)の周辺デバイスをTWEに接続する場合のシステム構成例です。

TWE-LITE(トワイライト)に標準でダウンロードされている超簡単!TWEアプリを使用すると子機側の周辺デバイスを制御できます。

長所:
外部マイコンが不要なため、コスト、サイズ、消費電力を最小限にできます。

短所:
親機側で受信データを処理したり、LCDに表示させたりする固有の動作をさせる場合は新たにTWE-LITE(トワイライト)用アプリの開発を習得する必要があります。TWE-LITE(トワイライト)用アプリ開発にはTWE-SDKを使用します。

パソコン、タブレット、スマートフォン、マイコンボードと接続する場合

無線モジュール図のように親機側(左)はMONOSTICK(モノスティック)で、子機側(右)の周辺デバイスをTWE-LITE(トワイライト)に接続する場合のシステム構成例です。

MONOSTICK(モノスティック)とTWE-LITE(トワイライト)に標準でダウンロードされている超簡単!TWEアプリを使用するとUSB接続でパソコン、タブレット、スマートフォン、マイコンボードのアプリから簡単に子機側の周辺デバイスを制御できます。

無線タグアプリを使用すると各種センサーの情報を収集することができます。

パソコン、タブレット、スマートフォン、マイコンボード間を接続する場合

無線モジュール図のようにMONOSTICK(モノスティック)を介して、USB接続でパソコン、タブレット、スマートフォン、マイコンボード間を無線接続する場合のシステム構成例です。

機器間でデータの送受信が無線で行えます。

TWE-LITE(トワイライト)にApp_Uart (シリアル通信アプリ)をダウンロードして使用すると、MONOSTICK間をシリアル通信として扱えます。

中継機

通信距離を延長したり、通信の信頼性を向上させたりするために中継機を使用することができます。>>詳細