まず使ってみる

無線タグアプリ(Samp_Monitor)を動作させるために以下の作業を行ってください。

  1. 親機と子機にそれぞれのファームウェアを書き込む。 TWE-LITE DIPにファームウェアを書き込む場合、TWE-LITE R(トワイライター)を使用すると便利です。
  2. 配線接続をする。
  3. PC側でターミナルソフトを立ち上げる。
  4. TWE-LITEに電源を投入し動作を確認する。

親機(受信側)の設定

PC側に接続する親機にはUSB端子に接続可能なMONOSTICK(モノスティック)をお使いになると便利です。

ターミナルソフトの立ち上げ

親機のTWE-LITEとPCの接続を行ったあと、PC側でターミナルソフトウェアを起動します。他のターミナルソフトを用いてもかまいませんが、Windows環境では TeraTerm の利用を推奨します。

  1. 接続しているシリアルポート名(Windows では COMポート)を調べる。
    Windows の場合はデバイスマネージャを用いるのが簡単です。
  2. TeraTerm を起動し上記ポートを開く。
    通信設定は「115200bps/8bit/パリティ無し/ストップビット1/フロー制御なし」です。また本アプリケーションはエコーバック(入力された文字を出力する)を行いますので、ローカルエコーは OFF にしておいてください。
  3. ターミナルソフトを立ち上げると以下のようにファームウェアのバージョンやモジュールのアドレスなどが表示されます。ここで何も出なかったり、文字化けするような場合は、配線やターミナルソフトの設定を見直してください。
*** Samp_Monitor (Parent) 1.02-7 ***
* App ID:67726305 Long Addr:810029e5 Short Addr 09e5 LID 00
;1;
;2;

子機の設定を各センサごとに行う

センサを接続する子機の設定を行います。
接続するセンサのページに移動してください。