ピン配列

本解説で使用するピン名は、超簡単!TWEアプリの名前定義 (M1-M3, BPS, TX, RX, I1-I4) を用います。以下に各TWE-LITEの配列を記載します。

ピン配列表(v1.2以降)

※ DIO番号は半導体データシートに基づく信号名で、ピン番号ではありません。TWE-LITE DIP の場合はピンに記載されるシルクの数字記載が DIO 番号です。

ピン名 機能

TWE-LITE DIO番号
(超簡単!TWEアプリと同じ)

M1 親機子機の設定。ソフト上からも設定可能。
オープン: 子機
Lo: 親機
10
M2 子機設定で Lo で中継と設定する(Role=1 または Role=0x12 と等価)。
※ 親機設定で Lo にしないこと。
2
M3 ピンが Lo の間スリープする 3
EX1 Lo で起動すると UART mode を書式・バイナリに強制する
※標準アプリケーションのAI2ピンです。
0
EX2 未使用
※標準アプリケーションのAI4ピンです。
1
BPS ピンが Lo で起動すると、設定したボーレート、パリティ設定で UART を初期化する 17
I1 入力1~4
※ 透過モードのみ使用
12
I2 13
I3 11
I4 16
TX UARTの出力 (TX) 6
RX UARTの入力 (RX)
※ 本ピンに Lo>Hi への立下り信号を投入するとスリープ復帰します。
7
RTS UART の RTS 出力 (Lo 時に入力を禁止すると、データ欠落等を抑制できる) 5
TX_SUB 副UARTの出力 (TX) 14
RX_SUB 副UARTの入力 (RX) 15

※ オープンは Hi レベルでも可。設計上必要と考える場合はプルアップ(10k~100kΩ)して下さい。
※ Lo は GND レベル。設計上必要と考える場合はプルダウン(100Ω程度)して下さい。
※ 未使用ピンはオープンにしてください。