0xDB コマンド

インタラクティブモードでの設定を行う替わりに、書式モード(バイナリモード・アスキーモード)では、コマンドによりモジュールの動作(リセット・サイレント解除)や設定を行えます。

コマンド書式

書式は先頭をDBとし、コマンド種別およびコマンドごとに決まるパラメータとなります。

番号 名前 データ形式 バイト数 解説
1 対象 OCTET 1 0xDB
2 コマンド種別 OCTET 1 下表に解説
3 パラメータ 種別による 種別による 設定データを示す。

 

例えばアプリケーションIDを 0x12345678 に設定する場合、コマンド種別が F2 で、パラメータが 00 12 34 56 78 、コマンドは DB F2 12 34 56 78 となります。

アスキー形式(チェックサム省略)では ":DBF212345678X" となります。コマンド発行後には応答が戻ります。

バイナリー形式では、0xA5 0x5A ... XOR という加工が必要になります。 DB F2 00 12 34 56 78 というコマンドに対してバイナリで A5 5A 80 07 DB F2 00 12 34 56 78 21 という 12 バイトを送ります。

(インタラクティブモード中での入力はしないでください)

コマンド種別

コマンド
種別
機能 説明 パラメータ 応答 対応バージョン
F0 ACK ACK 応答の要求を行う。 なし OCTET 0xDB
OCTET 0xF0
OCTET 0x01
v1.2以降
F1 モジュールアドレス モジュールアドレス情報などを表示する。モジュール起動時にも出力される。 なし OCTET 0xDB
OCTET 0xF1
BE_DWORD アプリケーションID
BE_DWORD バージョン番号
OCTET IDアドレス(1バイト)
BE_DWORD モジュールのシリアル番号
OCTET 0:通常 1:サイレントモード中
OCTET 0:ネットワークDOWN, 1:ネットワークUP
v1.2以降
F2 設定 モジュールに設定します。設定後、設定内容は「セーブ&リセット」しない限り反映されません。応答はコマンド種別F3の設定値となります。 別表参照 成功すればコマンド種別F3 で、設定した内容が報告される。失敗すればコマンド種別 F3、パラメータ FF が報告される。 v1.2以降
F3 設定取得 モジュールに設定内容を要求します。 v1.2以降
F8 モジュール制御 ■ 0x10
サイレントモードで起動したモジュールを稼働状態にする。
■ 0x10
OCTET 0x10
■ 0x10
OCTET 0xDB
OCTET 0xF8
OCTET 0x11
OCTET 0:サイレント 1:解除
v1.2以降
FD クリア&リセット 不揮発領域をクリアして無線モジュールをリセットします。 なし 応答はありません。
リセット後に始動メッセージが出力されます。
v1.2以降
FE セーブ&リセット データをセーブして無線モジュールをリセットします。 v1.2以降
FF リセット 無線モジュールをリセットします。設定内容は破棄されます。 v1.2以降

 

パラメータ (F2, F3)

設定(F2)、設定取得(F3) 時のパラメータは、設定種別と設定内容を列挙します。設定内容は種別によって書式が変化します。

番号 名前 データ形式 バイト数 解説
1 設定種別 OCTET 1 設定の種別を示す。
0xFF は無効・エラーを意味し、続く 設定内容は格納されない。
2 設定内容 種別による 種別による 設定データを示す。

 

設定種別ごとのパラメータを解説します。
※ 0xFF(OCTET) 0xFFFF(BE_WORD) 0xFFFFFFFF(BE_DWORD) の場合は、無効値として無視されます。

設定種別 名前 設定データ形式 バイト数 解説 対応バージョン
0x00 アプリケーションID BE_DWORD 4
v1.2以降
0x01 チャネルマスク BE_DWORD 4 利用するチャネルを指定する(ch11 なら 1UL << 11 = 0x800) v1.2以降
0x02 出力設定 BE_WORD 2 v1.2以降
0x03 ID OCTET 1 0x00: 親機 0x01~0x64: 子機ID指定 0x78:子機ID未指定 v1.2以降
0x04 役割 OCTET 1 v1.2以降
0x05 中継レイヤ OCTET 1 v1.2以降
0x06 UARTモード OCTET 1 0:透過モード 1:書式・アスキー 2:書式・バイナリ 3:チャット 4:プロンプト無しチャット v1.2以降
0x07 UARTボーレート BE_DWORD 4 v1.2以降
0x08 UARTパリティ OCTET 1 以下の設定の組み合わせで、各設定値の総和を指定する。
Parity = 0: None, 1: Odd, 2: Even
Stop = 0: STOP 1, 4: STOP 2
Bit = 0: 8Bit, 8: 7Bit
例)7E1 なら 8+2+0=10(0xA) を指定します。
v1.2以降
0x09 暗号化設定 OCTET 1 0: 暗号化なし 1: AES128bit暗号化 v1.2以降
0x0A 暗号化キー OCTET[16] 16 16バイトの暗号化キーを指定します。インタラクティブモードでは設定できないバイナリ列を格納できます。この場合、インタラクティブモードの表示が崩れる場合があります。 v1.2以降
0x0C 区切り文字の指定 BE_WORD 2 区切り文字列の指定を行います。(0x00-0xFF) v1.2以降
OCTET 1 最小パケットサイズを指定します。(1-80)
OCTET 1 未入力タイムアウトを指定します。(0, 10-200)
0xFF エラー 無し 0 エラーや異常を示します。 v1.2以降
           

 

凡例