超簡単!TWE標準アプリ使用方法(上級編)

ここでは以下の動作の説明をします。TWE-Lite DIP

UARTシリアル通信の基本動作

UARTシリアル通信を使用して外部マイコンと通信することが可能です。更にUSB等に信号レベルを変換することでパソコンに接続することもできます。

※シリアル通信のみを使用する場合は専用のUART通信専用アプリをご使用下さい。

通信速度ボーレートの設定

通信速度(ボーレート)の初期設定値(デフォルト)は115200bpsです。何も設定しなければ115200bpsで動作します。通信速度は高速な方が便利ですので通常は初期設定値でお使い下さい。

接続先の機器が115200bpsの通信速度に対応していない場合は、38400bpsに速度を落とすことが出来ます。BPS端子をGND(電源のマイナス側)に接続すると通信速度が38400bpsに設定されます。

38400bps以外に設定する場合は以下で説明する設定変更(インタラクティブ)モードを使用して下さい。設定を反映させるにはBPS端子をGND(電源のマイナス側)に接続する必要があります。接続しない場合は115200bps固定です。

USBでの接続方法

専用のUSBアダプター TWE-LITE R(トワイライター)または市販の3.3V用 UART(シリアル) USB モジュール/ケーブルを使用してTWE-LITE DIPとUSBでパソコン等と接続します。

TWE-LITE R(トワイライター)を使用する場合

TWE-LITE DIPTWE-LITE R(トワイライター)に装着し、USBケーブルでTWE-LITE Rをパソコンに接続して下さい。

UART-USBモジュール/ケーブルを使用する場合

UART-USBモジュール/ケーブルを使用

MONOSTICK(モノスティック)

MONOSTICK(モノスティック)をUSBポートに差し込んでください。

起動時のメッセージ

無線モジュール TWE-LITE を起動すると以下のようなメッセージが表示されます。

メッセージは ! または : (コロン)ではじまります。! は主に利用者が直接理解できるような書式で、: (コロン)は外部マイコンなどで処理することを目的とした書式です。終端は CR LF です。

!INF TWELITE DIP APP V1-00-2, SID=0x81000038, LID=0x78
!INF DIO --> 00010000000000000000

設定変更モード(インタラクティブモード)

設定変更(インタラクティブ)モードでは、モード設定ピン(M1~M3)では設定できない詳細な各種設定が可能です。

>>詳細

コマンド

各種コマンドを解説します。

利用例:

相手端末からの状態通知:ステータス0x81

相手端末の状態通知を受けた時にはUARTシリアルにもその情報が常に出力されます。

データはポートの値が変化した場合と定期的(約1秒周期)に送受信されます。TWE-LITE DIPの外部に接続したマイコン等で受信データを解釈することができます。>>詳細

相手端末の出力を変更:コマンド0x80

相手端末の出力をUARTシリアル経由のコマンドでコントロールする機能です。

デジタル入力やPWM入力の代わりにUART入力で相手側のデジタル出力やPWM出力が変化します。TWE-LITE DIPの外部に接続したマイコン等で相手端末の出力を制御することができます。>>詳細

I2Cデバイスへのアクセス方法:コマンド0x88、ステータス0x89

I2CデバイスにアクセスするためのUARTコマンドの使用方法です。

自分自身または相手側の端末に接続されているI2Cデバイス(センサー、LCD等)を制御できます。>>詳細

任意データの送受信:コマンド0x01

UARTコマンドにより、無線端末間で任意データの送受信をする方法です。

外部のマイコン等から論理デバイスIDを指定して他の無線端末に対してデータ列を送信できます。>>詳細

※UARTシリアル通信を行う際は透過モードや書式モードをサポートした専用のUART通信専用アプリをご使用下さい。