まず使ってみる

App_IO を使用してみましょう。

  1. 事前にファームウェアを書き込んでおいてください。(TWE-LITE DIP 書き込みツール)
  2. 配線接続を行います。
  3. TWEモジュールに電源を投入し動作確認します。

配線接続

ここでは、最小限の接続で使用してみます。入力出力には DO3(出力7)一つだけを接続しますが、出力1~12は同じように接続して構いません。外部配線でのチャネル切り替えテスト用に AI2(チャネル1) にもボタンを接続しておきます。

親機側(出力側)

子機側(入力側)

動作確認する