Windows端末で使用する

パソコンのUSB端子にMONOSTICK(モノスティック)を接続し、子機の情報を受けたり、子機を操作したりできます。

ダウンロード

※ Windows版を利用するには.NET4の導入が必要です。またソース編集・コンパイルには VisualBasic 2010 Express などの導入が必要です。導入に際してはシステムのバックアップなどを行う事を推奨します。

※ Windows7 以降では多くの場合動作しますが、COMポートが検出できない場合は対応ドライバ(FTDI社製USBシリアルチップ用)を導入してください。

ワイヤレスエンジン向けであれば商用使用も可能です。

デジタル信号通信の接続例(Windows端末でLEDをオンオフする。)

TWE-LITE DIP(初級編)で行った「無線リモコンでLEDをオンオフする。」のスイッチをオンオフする代わりにWindows端末の画面上に表示されたボタンでLEDをオンオフしてみましょう。

MONOSTICK(モノスティック)は初期設定で親機に設定されていますので相手側は子機を準備して下さい。DO2、DO3、DO4を接続例と同様に配線する事でスイッチとLEDを4個まで増やすことができます。

無線モジュール

アナログ信号通信の接続例(Windows端末でLEDの明るさを変える。)

TWE-LITE DIP(初級編)で行った「無線リモコンでLEDの明るさを変える。」の可変抵抗器の値を変える代わりにWindows端末の画面上に表示されたスライダーボタンでLEDの明るさを変えてみましょう。

MONOSTICK(モノスティック)は初期設定で親機に設定されていますので相手側は子機を準備して下さい。PWM2、PWM3、PWM4を接続例と同様に配線する事でスイッチとLEDを4個まで増やすことができます。

無線モジュール

操作方法

  1. MONOSTICK(モノスティック)をWindows端末のUSBポートに接続する。
  2. TWE-LITE DIPを子機の設定で起動する。
  3. Windows端末でWindowsアプリを起動する。
  4. COMポートを選択します。MONOSTICK(モノスティック) が1本のみ接続されている場合は、自動選択されます。
  5. IO送信で、DO1 ~ 4 の設定、また PWM1 ~ 4 の設定を変更して、[コマンド送信] ボタンを押します。子機側のLEDの状態を確認してみてください。
    ※ 「未設定」状態に注意してください。未設定状態は受信側では評価されません。
  6. 子機側からの定期送信が行われています。表示内容を確認してください。右部のリストをクリックすると、過去の履歴を表示する事が出来ます。

捕捉:

VisualBasic のソース概説